仙石浩明の日記

2010年5月26日

サイボウズ オフィス8 のカレンダーを iCalendar 形式に変換するスクリプトを書いてみた

私の職場ではグループウェアとしてサイボウズを利用している。 自分のスケジュールを iCalendar 形式で取得してみたくなった (Nexus One を買うとそういう気分になる ^^;) ので、 google で検索してみたところ次の二つのスクリプトが見つかった:

あいにく職場のサイボウズはオフィス8 なので、 オフィス8 に未対応の前者は使えない。 後者はオフィス8 用だが、 「暫定版」 と書いてある通りいろいろバグがある。 さくっと修正してみて一応それっぽく動かすことはできたのだが、 使い続けていくとなると一から書き直したほうがいいような気がしてきた (わたし的にはこの手のものを PHP スクリプトでは書きたくない) ので、 perl で書き直してみた

この perl スクリプト cybozu8_ical を、

% cybozu8_ical --conf /path/to/config.yaml

などと実行すると、 オフィス8 の 「月予定」 (月間スケジュール) ページをアクセスして、 iCalendar 形式に変換する。 向こう一週間以内の予定については 「予定の詳細」 ページもアクセスして、 「メモ」 および 「設備」 も取得する。 「月予定」 の全ての予定について 「予定の詳細」をアクセスすると、 オフィス8 サーバに負荷をかけすぎる懸念があったので、 このような仕様にしてみた。

設定ファイル config.yaml は以下のような感じ:

cybozu_url: http://intra.klab.org/cgi-bin/klcb/ag.cgi
calname: cybozu
userid: 73
password: xxxxxxxx
time_zone: Asia/Tokyo
input_encoding: shiftjis
output_file: /home/sengoku/tmp/cybozu.ics

「cybozu_url」 はオフィス8 の URL を指定する (もちろん intra.klab.org は KLab 社内LAN からしかアクセスできない)。 「userid」 と 「password」 はスケジュールを取得したいユーザの ID とパスワード。 「output_file」 に指定したファイルへ iCalendar 形式のスケジュールを出力する。 「output_file」 を省略すると標準出力へ書き出す。

なお 「--conf /path/to/config.yaml」 オプションを省略すると、 cybozu8_ical と同じディレクトリにある config.yaml が読み込まれる。

cybozu8_ical で生成した iCalendar 形式のファイルは、 とりあえず Google カレンダー および Thunderbird + Lightning で読み込めることは確認したが、 なにぶんまだ RFC 2445 を真面目に読んでいないので、 不具合などあったらご指摘頂けると有難い。

私はオフィス8 の API を知らないので、 「月予定」 「予定の詳細」 のページを取得してきて scrape しているだけ。 「繰り返し予定」 は個々の予定として扱っている。 iCalendar の UID (各予定固有のID) が同じままだと 2個目以降の予定が無視されてしまうので、 UID の末尾に通し番号をつけて互いに区別できるようにしている。

サイボウズのスケジュールは 「場所」 を登録できない。 その代わり 「施設」 として会議室を登録する。 ところが私の職場の場合 「施設」 には会議室だけでなく 「ビデオ会議システム」 などもあったりするので、 「施設」 に登録されているデータをそのまま iCalendar の LOCATION として使うわけにもいかない。 そこで 「施設」 に会議室の名称が登録されている場合のみ、 その会議室名を LOCATION として出力するようにしている。

iCalendar の LOCATION として出力すべき会議室名の一覧を、 cybozu8_ical スクリプトの始めの方で、

my @facility = (
	'20F 大会議室1', '20F 大会議室2', '20F 大会議室3',
	'20F 中会議室1', '20F 中会議室2',
	'20F 小会議室1', '20F 小会議室2',
	'20F 和室', '22F 社長室前MTGスペ-ス'
);

などと定義している。 ここに列挙されていない会議室等は 「施設」 に登録されていても単に無視される。

Filed under: Android,プログラミングと開発環境 — hiroaki_sengoku @ 16:01

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする