仙石浩明の日記

2010年7月8日

Google カレンダーの過去の予定を自動的に削除する方法

ここ 2ヶ月ほど、 Willcom の HYBRID W-ZERO3 から Nexus One への移行を徐々に進めてきた。 Windows Mobile (HYBRID W-ZERO3) は PC とのデータ同期が基本なので、 PC にスケジュールや電話帳など丸ごと入れておけば済むが、 Android (Nexus One) の場合は 「クラウド」 との同期が基本なので一筋縄にはいかない。 つまり 「クラウド」 に全てのスケジュールを置いていいのか? という問題。 私の場合、 「スケジュール」 といいつつ会議の議事メモから個人的な日記まで、 プライベートな情報を全て集積しているので問題がより深刻になる。

ちなみに私は、 1999年に WorkPad 30J を使い始めて以来、 プライベートなデータを PDA / スマートフォンに集積してきた。 今まで使ってきた PDA / スマートフォンをまとめてみる:

購入月機種OS
1999-04 WorkPad 30J PalmOS 3.1J
2000-03 TRGpro PalmOS 3.5
2000-08 Palm m100 PalmOS 3.5.1
2002-09 Zaurus MI-E1 ZaurusOS
2002-12 Linux Zaurus SL-C700 Linux 2.4 Embedix
2003-06 Linux Zaurus SL-C750 Linux 2.4 Embedix
2006-07 W-ZERO3[es] Windows Mobile 5.0
2007-07 Advanced W-ZERO3[es] Windows Mobile 6 Classic
2008-12 HTC P3600 Windows Mobile 5.0
2010-01 HYBRID W-ZERO3 Windows Mobile 6.5 Professional
2010-04 Nexus One Android 2.2 froyo
2010-06 iPhone 4 iOS 4
2010-11 IS01 Android 1.6 donut
2010-12 Galaxy S Android 2.2 froyo
2010-12 IDEOS U8150-B Android 2.2 froyo
2011-03 Nexus S Android 2.3 gingerbread
2011-05 nook color Android 3.0 honeycomb
2011-12 Galaxy Nexus Android 4.0 ice cream sandwich
2012-12 Galaxy S3 Android 4.0 ice cream sandwich
2013-07 Galaxy Mega 5.8 Android 4.2 jelly bean
2013-11 Nexus 5 Android 4.4 kitkat
2014-03 iPhone 5s iOS 7.0
2016-01 Nexus 5X Android 6.0 marshmallow
2016-12 ZenFone 3 ZS570KL Android 6.0.1 marshmallow

WorkPad 30J から HYBRID W-ZERO3 に至るまで、 全て PC とのデータ同期が基本だったし、 それぞれデータ移行ツールが用意されていたので移行は容易だった。 ところが Nexus One で同じような同期を行なうには、 データを PC ではなく Google Calendar へ置かなければならない。

もちろん、 Google Calendar は共有設定さえ行なわなければ他人に読まれることはないだろうし、 「don't be evil」 と言ってるくらいだから、 Google が勝手にユーザのデータを活用する可能性も無い (と信じたい)。

だからといって、 個人的なデータや会社の超機密事項 (議事メモにはそういった情報も含まれる) も洗いざらい Google に預けてしまう、 なんてことは小心な私にはとてもできない。 よく知られているように Google Calendar は 「限定公開 URL」 が漏れるだけで一巻の終わりであるわけで、 漏れることを前提でリスク評価すべき。

というわけで、 議事メモや日記を Google Calendar に置くことはハナからあきらめて、 Google Calendar には直近の予定だけを置くことにした。 万一漏れても、向こう一週間くらいの予定だけであれば、 致命的というほどでもない。

ところが驚いたことに Google Calendar には過去の予定を一括削除する機能がない。 手作業でいちいち消していかない限り、 データは残り続けるようだ。 当たり障りのない 「予定」 でも積み重なればいろいろ見えてくることがあるわけで、 長年にわたって溜った予定データは脅威となりうる。

どうしてこんな超基本機能が無いのだろうと思いつつ google で検索してみると、 見つかるのは 「どうやったら過去のデータを (一括) 消去できるのか?」 という質問のページばかり。 過去データを削除したい、 というニーズは確実にありそうなのに、 なぜ Google は実装しようとしないのか? そういえば gmail も過去のメールを溜め続けるのが基本だし、 Google Calendar に自動的に削除する機能がないのは意図的なのかもしれない。

無い機能は作ってしまえと、 Google Calendar API のドキュメントを眺めてみる。 API を叩くためのクライアントライブラリが用意されているようだ。 が、.NET とか Java とか Python とか PHP とか、 あまり気の進まない (^^;) 言語ばかりが並んでいる。 Perl は無いのかっと思って CPAN を検索したら、 Net::Google::Calendar があっさり見つかった。

マニュアル片手にテストプログラムを書いてみる:

use Net::Google::Calendar;
use DateTime;
my $cal = Net::Google::Calendar->new;
$cal->login('sengoku@gmail.com', 'xxxxxxxx');
for my $event ($cal->get_events('start-max' => DateTime->now
				- DateTime::Duration->new(days => 7))) {
    $cal->delete_entry($event);
}

たったこれだけ。 最初に login($user, $pass) して、 get_events(%opts) で「予定」データを取り出して、 delete_entry($event) で削除。 get_events の引数で、 開始時刻が一週間以上過去の予定のみ取り出すよう指定している。

ちょっと書き足して、 ユーザID やパスワードを設定ファイルで設定できるようにしたスクリプト gcal_remove を作ってみた。

% gcal_remove -c /path/to/config.yaml -d 7

などと実行すると、 7日間以上前の予定を削除する。

設定ファイル config.yaml は以下のような感じ:

google_user: sengoku@gmail.com
google_passwd: xxxxxxxx
Filed under: Android,プログラミングと開発環境 — hiroaki_sengoku @ 09:44

2件のコメント »

  1. こんにちは。
    このブログを見て、perlに挑戦している初心者です。
    一応エラーにならない様にはなったのですが、-v で過去の繰り返し項目しか出てこず、結局削除されないようです。 -d 120 とか -d 90 とかを指定しています。

    もうちょっとな感じなので、アドバイス頂けますと助かります。

    コメント by 齋藤 — 2012年5月27日 @ 09:31

  2. 参考情報。
    googleカレンダーでエクスポートし、エディタで古い情報を削除してからインポートし直すと、時系列に一括削除ができる事は分かりました。とりあえず、緊急避難は出来ました。

    コメント by 齋藤 — 2012年5月27日 @ 10:13

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする