仙石浩明の日記

2006年6月8日

ロングテール戦略が格差社会を生む

ふと思いついた仮説: ロングテール戦略が格差社会を生む を検証していこうと思う。

凡人が万馬券ばかり買って競馬場を去る社会」 「格差」 「過ぎたる機会は及ばざるがごとしか」など、
格差社会」というテーマが最近ホットであるようだ。 これらのブログを読んでいて違和感を感じた。
別の視点から「格差」を論ずることができるような気がしている。

論拠は次の 7 つ。

  1. 究極の搾取
  2. 必要は発明の母
  3. 機会均等
  4. 最も貴重な資産
  5. 習慣
  6. ラットレース
  7. 仮想下層社会

これだけで私が何が言いたいか分かってしまった人もいるかもしれないが (^^;)、 今後一つずつ掘り下げてみる予定。 ご意見を頂ければ、より突っ込んだ議論ができるかもしれない。

Filed under: 自己啓発 — hiroaki_sengoku @ 08:44

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする