仙石浩明の日記

2006年8月13日

stone の SSL 認証 (2)

前回説明したように、 stone で SSL クライアント認証を行なうには、

-z verify -z CApath=ディレクトリ

という設定で実行すればよい。

クライアント認証の代わりにサーバ認証を行ないたい場合、 すなわちサーバが提示した証明書を検証して、 通信相手であるサーバが正に意図した通りの相手であるか確認したい場合は、 「-z」を「-q」に置き換える。 例えば、 ローカルホストの 12345番ポートへの接続を https://www.klab.org へ 中継しつつサーバ認証を行なう場合、 次のように実行する:

% stone -q verbose -q verify -q CApath=/usr/local/ssl/certs www.klab.org:443/ssl 12345
Aug 13 16:13:35.576345 16384 start (2.3c) [3925]
Aug 13 16:13:35.588527 16384 stone 3: m139.tdc.klab.org:https/ssl <- 0.0.0.0:12345
Aug 13 16:13:41.364823 16384 3 TCP 6: [depth2=/L=ValiCert Validation Network/O=ValiCert, Inc./OU=ValiCert Class 2 Policy Validation Authority/CN=http://www.valicert.com//emailAddress=info@valicert.com]
Aug 13 16:13:41.383216 16384 3 TCP 6: [depth1=/C=US/ST=Arizona/L=Scottsdale/O=Starfield Technologies, Inc./OU=http://www.starfieldtech.com/repository/CN=Starfield Secure Certification Authority/emailAddress=practices@starfieldtech.com]
Aug 13 16:13:41.383495 16384 3 TCP 6: [depth0=/O=*.klab.org/OU=Domain Control Validated/CN=*.klab.org]
Aug 13 16:13:41.465200 16384 [SSL cipher=AES256-SHA]
Aug 13 16:13:41.482583 16384 [SSL serial=3db9d6]
Aug 13 16:13:41.482633 16384 [SSL subject=/O=*.klab.org/OU=Domain Control Validated/CN=*.klab.org]
Aug 13 16:13:41.482658 16384 [SSL issuer=/C=US/ST=Arizona/L=Scottsdale/O=Starfield Technologies, Inc./OU=http://www.starfieldtech.com/repository/CN=Starfield Secure Certification Authority/emailAddress=practices@starfieldtech.com]

この実行例では、 stone を実行した後、ローカルホストの 12345番ポートへ (telnet 等のプログラムを使って) 接続を行なっている。 すると、stone は www.klab.org の 443番ポートへ接続する。 www.klab.org が提示した証明書を受けて、 stone はその証明書を発行した root CA を調べる。

上記実行例 4行目「depth2=...」 に表示されているように、 root CA は「ValiCert Class 2 Policy Validation Authority」である。 この root CA の証明書 (ハッシュ値は bcdd5959) は、 「/usr/local/ssl/certs」ディレクトリに 「bcdd5959.0」というファイル名で用意してあったので、 stone はサーバ認証を行なうことができている。

Firefox などの WWWブラウザは、 メジャーな root CA の証明書を最初から全て持っている。 したがって https な URL を開くとき、 自動的にサーバ認証を行なうことができる。 stone の場合はデフォルトの状態では何も root CA 証明書を持っていないので、 サーバ認証/クライアント認証を行なおうとする場合は、 root CA 証明書を置くディレクトリを用意し、 CApath で指定する必要がある。

なお、WWW ブラウザで普通に「サーバ認証」を行なう場合は、 単にサーバが提示する証明書が既知の root CA から発行されているだけでは 充分ではなく、 その証明書の識別名において、 「CN=...」が示す FQDN がサーバのホスト名と一致しなければならない。
stone でも「CN=...」が示す FQDN をチェックすることができるが、 その方法については 次回説明する

上記実行例 6行目「depth0=...」が、 サーバが提示したサーバ証明書である。
なお、「CN=*.klab.org」 と表示されていることから分かるように、 このサーバ証明書はワイルドカード証明書であり、 klab.org ドメインの任意のホストの身元証明に使用できる。

さて、これで stone を使って通信相手がサーバの時もクライアントの時も、 通信相手を SSL 認証することができるわけであるが、 逆に認証してもらう側はどのような設定を行なえばよいのだろうか?

実は、stone がサーバ認証を受ける側であるときの設定方法は、 すでに前回説明している。 サーバ証明書の秘密鍵および公開鍵が、 それぞれ「key.pem」と「cert.pem」というファイル名で 保存してあるなら、次のように stone を実行する。

stone -z key=key.pem -z cert=cert.pem localhost:80 443/ssl

stone がクライアント認証を受ける側であるときの設定方法は、 「-z」を「-q」に置き換えるだけである。 すなわち、

stone -q key=key.pem -q cert=cert.pem warp.klab.org:443/ssl 12345

このように実行しておいて、 ローカルホストの 12345番ポートへ接続すれば、 クライアント認証を要求する https サーバ「warp.klab.org」へ 接続することができる(もちろん、key.pem および cert.pem が適切であれば)。

(次回に続く)

Filed under: stone 開発日記 — hiroaki_sengoku @ 16:19

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする