仙石浩明の日記

2008年3月19日

フレッツ・ドットネットを解約したら、フレッツ網 router へ ping6 できなくなった!

昨年12月26日に、 NTT東日本から 「BフレッツにおけるIPv6映像視聴等機能の標準装備について」 というお知らせが来た。 3月3日より、 「Bフレッツ」に IPv6 映像視聴等機能を標準装備するので、 フレッツ・ドット・ネットの契約が不要になるとのこと。

現在、IPv6映像視聴等機能は「フレッツ・ドットネット」にて 提供しておりますが、 平成20年3月3日(月)以降は、 ブロードバンド映像サービスのみ をご利用の場合は、 「フレッツ・ドットネット」のご契約が不要になります。 これにより解約を希望されるお客さまにつきましては、 平成20年3月3日(月) より※3受付を開始いたします。  なお、ブロードバンド映像サービス以外で、 「FdNネーム」「FdNディスク」「FdNディスクビューセレクト」「FdNナンバー」等 「フレッツ・ドットネット」サービス※4をご利用の際には、 引き続き「フレッツ・ドットネット」のご契約が必要となりますのでご注意ください。

私は IPv6 機能のためだけに「フレッツ・ドットネット」を契約していて、 「FdNネーム」「FdNディスク」「FdNディスクビューセレクト」「FdNナンバー」等の サービスを利用したことはない (「ブロードバンド映像サービス」も利用していない) ので、 フレッツ・スクウェアトップから、 サービス申込受付を選んで、「フレッツ・ドットネット」を解約した。

ところが!

フレッツ網側の v6 ルータが ping に反応しなくなった。

senri % ping6 -n router.flets.gcd.org
PING router.flets.gcd.org(2001:c90:XXXX:XXXX:2d0:2bff:fe30:b91a) 56 data bytes
From 2001:c90:XXXX:XXXX:2d0:2bff:fe30:b91a icmp_seq=1 Destination unreachable: Administratively prohibited
From 2001:c90:XXXX:XXXX:2d0:2bff:fe30:b91a icmp_seq=2 Destination unreachable: Administratively prohibited

--- router.flets.gcd.org ping statistics ---
2 packets transmitted, 0 received, +2 errors, 100% packet loss, time 1000ms

ちなみに、 この v6 ルータからの router advertisement は正常に流れてきている:

senri # tcpdump -i eth1 -vvv ip6
tcpdump: listening on eth1, link-type EN10MB (Ethernet), capture size 96 bytes
	...
13:02:02.904899 fe80::2d0:2bff:fe30:b91a > ff02::1: icmp6: router advertisement(chlim=64, pref=medium, router_ltime=1800, reachable_time=0, retrans_time=0)(src lladdr: 00:d0:2b:30:b9:1a)(mtu: mtu=1500)[ndp opt] [class 0xe0] (len 64, hlim 255)

v6 ルータ越えの通信が全て禁止されてしまったらしく、 フレッツ網に接続している他サイトとの IPv6 通信も同様に禁止されて (Administratively prohibited) しまった。 例外は、フレッツ・スクウェアv6 へのアクセス:

senri % ping6 -n flets-v6.jp
PING flets-v6.jp(2001:c90:ff:1::1) 56 data bytes
64 bytes from 2001:c90:ff:1::1: icmp_seq=1 ttl=52 time=5.05 ms
64 bytes from 2001:c90:ff:1::1: icmp_seq=2 ttl=52 time=4.55 ms

--- flets-v6.jp ping statistics ---
2 packets transmitted, 2 received, 0% packet loss, time 1001ms
rtt min/avg/max/mdev = 4.554/4.803/5.053/0.258 ms

おそらく「ブロードバンド映像サービス」を提供するサーバへの IPv6 通信も 許可されているのだろう。 つまり、 「BフレッツにIPv6映像視聴等機能を標準装備」 という NTT東日本の発表のココロは、 IPv6 映像サービスへの IPv6 通信*のみ*許可するということであって、 それ以外の IPv6 通信は対象外ということのようだ。

「フレッツ・ドットネット」サービスの概要には、 「フレッツ・ドットネットサービス機能一覧」として、

・FdNネームが1つ利用できます。
・FdNディスク(100MB)で、ファイル共有が利用できます。
・FdNディスク(100MB)には、最大10のグループメンバーを登録できます。
※NTT東日本が無料で提供する専用ソフトウェア「FLET'S.Netメッセンジャーにより、 ファイル転送やビデオチャットが利用できます。

が列挙されているのみであって、 IPv6 通信の許可/不許可について言及していないのは、 とてもミスリーディングな記述だと思う。

慌てて再度フレッツ・ドットネット契約を (フレッツ・スクウェアで) 申込むと、 10分ほどで再び IPv6 通信ができるようになった:

senri % ping6 -n router.flets.gcd.org
PING router.flets.gcd.org(2001:c90:XXXX:XXXX:2d0:2bff:fe30:b91a) 56 data bytes
64 bytes from 2001:c90:XXXX:XXXX:2d0:2bff:fe30:b91a: icmp_seq=1 ttl=64 time=3.11 ms
64 bytes from 2001:c90:XXXX:XXXX:2d0:2bff:fe30:b91a: icmp_seq=2 ttl=64 time=0.920 ms

--- router.flets.gcd.org ping statistics ---
2 packets transmitted, 2 received, 0% packet loss, time 1001ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.920/2.019/3.118/1.099 ms

フレッツ網を経由した IPv6 通信を利用しているかたは、 たとえフレッツ・ドットネットサービスを利用していなくても、 フレッツ・ドットネットを解約すべきではないので、 ご注意のほどを!

Filed under: IPv6,システム構築・運用 — hiroaki_sengoku @ 15:32

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする