仙石浩明の日記

2009年9月29日

無線LANコントローラ VIA VT6656 を Linux 2.6.30.8 で使ってみる

VIA Technologies の無線LAN コントローラ チップ VT6656 は、 SOTEC C10x や工人舎SC/SX などのネットブック / UMPC や、 Wyse USB 802.11 b/g Wireless Network Adapter などの USB 無線LAN アダプタなどで広く使われている。 香港で買った OLEVIA X10A-1160 でも、 このチップが使われてた (SOTEC C101 と同型機だから当然)。

幸い、 VIA Technologies が VIA Arena にて Linux 用の GPL なドライバ (vntwusb カーネル モジュール) VT6656_Linux_src_v1.19_12_x86.zip を公開しているので、 Linux 2.6.28 までは 簡単に無線LAN を利用できる。 Linux 2.6.29 になって、 「struct net_device」 (カーネル ソース include/linux/netdevice.h の中で定義されている) が変更されたので、 そのままではコンパイルできなくなったが若干のパッチをあてることで対応可能 (ではあるが、後述する方法のほうがお手軽)。

ところが、 VIA Arena が模様替えして、 上記無線LAN ドライバがダウンロードできなくなってしまった。 正確に言うと、 VT6656_Linux_src_v1.19_12_x86.zip のファイル自体はまだダウンロードできるのだが、 そこへ至るページが無くなってしまっている (私が見つけられないだけならいいのだが...)。 これは VIA Technologies としてはサポートを行なわないという意思表示なのか?

VIA Technologies がサポートしてくれなくても、 GPL で公開されているのだからなんとかなるだろうと思っていたら、 既に Linux 2.6.32-rc1 に Staging drivers (not of the "normal" Linux kernel quality level) として含まれていた。 内容を見てみると、 VIA Arena で公開されていたドライバほとんどそのままである。

というわけで、 Linux 2.6.32-rc1 のディレクトリ drivers/staging/vt6656 を Linux 2.6.30.8 の drivers/staging/ の下へそのままコピーし、 以下のパッチ (2行追加するだけ) をあててカーネルを再構築してみたら、 vt6656_stage.ko が生成された。

diff -ur linux-2.6.30.8.org/drivers/staging/Kconfig linux-2.6.30.8/drivers/staging/Kconfig
--- linux-2.6.30.8.org/drivers/staging/Kconfig	2009-09-25 00:28:02.000000000 +0900
+++ linux-2.6.30.8/drivers/staging/Kconfig	2009-09-28 13:49:36.026075562 +0900
@@ -115,5 +115,7 @@
 
 source "drivers/staging/serqt_usb/Kconfig"
 
+source "drivers/staging/vt6656/Kconfig"
+
 endif # !STAGING_EXCLUDE_BUILD
 endif # STAGING
diff -ur linux-2.6.30.8.org/drivers/staging/Makefile linux-2.6.30.8/drivers/staging/Makefile
--- linux-2.6.30.8.org/drivers/staging/Makefile	2009-09-25 00:28:02.000000000 +0900
+++ linux-2.6.30.8/drivers/staging/Makefile	2009-09-28 14:06:25.949515761 +0900
@@ -40,3 +40,4 @@
 obj-$(CONFIG_HECI)		+= heci/
 obj-$(CONFIG_LINE6_USB)		+= line6/
 obj-$(CONFIG_USB_SERIAL_QUATECH_ESU100)	+= serqt_usb/
+obj-$(CONFIG_VT6656)		+= vt6656/

起動してみると自動認識してドライバが組み込まれた:

vt6656_stage: module is from the staging directory, the quality is unknown, you have been warned.
VIA Networking Wireless LAN USB Driver 1.19_12<5>VIA Networking Wireless LAN USB Driver Ver. 1.19_12

vntwusb.ko と vt6656_stage.ko でモジュール名は異なるが、 バージョンはどちらも 1.19_12 で同じ。 「Staging」 だから 「Linux カーネルの品質レベルではない」 とのことだが、 今のところ WEP および WPA2 EAP-TLS で安定して接続できている。

Filed under: ハードウェアの認識と制御 — hiroaki_sengoku @ 19:21

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment