仙石浩明の日記

システム構築・運用

2007年8月16日

CPAN の IP::Country を C で書き直して MTA に組み込み、メールのヘッダに国コードを挿入するようにしてみた hatena_b

自前のブラックリストを用いて迷惑メール (spam, UBE) を排除する方法について、 「迷惑メール送信者とのイタチごっこを終わらせるために (1)」で説明した。 メールの送信元 IP アドレスが DNS で逆引きできない場合に、 その IP アドレスがブラックリストに載っているか否かを調べ、 もし載っているならその IP アドレスを 「ダイアルアップ IP アドレス」に準じる扱いにする、 という方法である。

迷惑メールを送ってきた実績 (?) がある IP アドレスブロックであれば、 ためらうこと無くブラックリストに入れてしまえるのであるが、 初めてメールを送ってきた IP アドレスブロックを、 逆引きできないという理由だけでダイアルアップ IP アドレス扱いするのは、 少々乱暴だろう。 そこで、 接続元 IP アドレスが属する国のコードをメールヘッダに挿入する仕掛けを MTA (Message Transfer Agent, メールサーバ) に作り込んでみた。例えば、

Received: from unknown (HELO unknown.interbgc.com) (89.215.246.95)
  by senri.gcd.org with SMTP; 15 Aug 2007 20:46:15 +0000
X-Country: BG 89.215.246.95
Received-SPF: pass (senri.gcd.org: SPF record at thelobstershoppe.com designates 89.215.246.95 as permitted sender)
Message-ID: <34f301c7df7d$2e65ece5$5ff6d759@unknown.interbgc.com>

といった感じで、「X-Country: 」フィールドが挿入される。 「89.215.246.95」がこのメールを送ってきたマシンの IP アドレスであり、 その前の「BG」が、 この IP アドレスが属する国 (この例ではブルガリア) の ISO 3166 コード である。

ブルガリアに知り合いがおらず、 かつこのメールがメーリングリスト宛でなく個人アドレス宛であるならば、 MUA (Message User Agent, メーラー) の設定で、 このメールを迷惑メールとして排除することが可能だろう。 あるいは逆に、 「X-Country: JP」である場合は、 迷惑メール判定の結果にかかわらず排除しないという設定にして、 必要なメールを誤って排除するのを防止することもできるだろう (日本語の迷惑メールも、大半は海外の IP アドレスから送信されている)。

IP アドレスから国コード (ISO 3166 コード) を調べるサービスはいろいろあるが、 メールを受信するたびに外部のサイトへ通信するのはあまり感心しない。 ネットワークないし外部のサイトの状況の影響を受けてしまうし、 あるいは逆に大量のメールを一時に受信したときなど、 そのサイトに迷惑をかけてしまう恐れもある。 集中して問合わせを行なってしまった、などの理由で濫用と判断され、 サービスの提供が受けられなくなってしまう可能性もある。

したがって、IP アドレスから国コードを検索するためのデータベースを 自前で持つことが望ましい。 例えば CPAN には、 IP アドレスから国コードを検索するモジュール 「IP::Countryが 登録されている。 このモジュールをインストールすると、 「/usr/lib/perl5/site_perl/5.8.8/IP/Country/Fast」ディレクトリに、 「ip.gif」と「cc.gif」というファイルがインストールされる。

% ls -l /usr/lib/perl5/site_perl/5.8.8/IP/Country/Fast
total 256
-r--r--r-- 1 perl perl    681 Feb  2  2007 cc.gif
-r--r--r-- 1 perl perl 252766 Feb  2  2007 ip.gif

「ip.gif」が、IP アドレスから国番号を検索するためのデータベースであり、 「cc.gif」が、国番号から国コード (ISO 3166 コード) への変換テーブルである。

メールを受信するたびにメールサーバで perl スクリプトを実行するのは、 メールサーバの負荷などの観点からあまり望ましくない (私のサイトではメールサーバを chroot 環境で動かしていて、 その chroot 環境には perl をインストールしていない、 というセキュリティ上の理由もある) ので、 ほとんど perl スクリプトをそのまま C に置き換えただけなので、 説明は不要だろう。 inet_ntocc 関数に限ると、 C 版のほうが perl 版より簡潔に書けてしまっている点が興味深い。 コメントは、IP/Country/Fast.pm スクリプトのコメントをそのまま入れてある。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <errno.h>
#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>
#include <fcntl.h>
#include <unistd.h>
#include <sys/mman.h>
#include <sys/socket.h>
#include <netinet/in.h>
#include <arpa/inet.h>
#include <string.h>

#ifndef DBDIR
#define DBDIR "/usr/lib/perl5/site_perl/5.8.8/IP/Country/Fast"
#endif
#define CC_MAX        256        /* # of countries */

int inet_ntocc(u_char *ip_db, u_long inet_n) {
/*
  FORMATTING OF EACH NODE IN $ip_db
  bit0 - true if this is a country code, false if this
         is a jump to the next node
  
  country codes:
    bit1 - true if the country code is stored in bits 2-7
           of this byte, false if the country code is
           stored in bits 0-7 of the next byte
    bits 2-7 or bits 0-7 of next byte contain country code
  
  jumps:
    bytes 0-3 jump distance (only first byte used if
           distance < 64)
*/
    u_long mask = (1 << 31);
    const u_long bit0 = 0x80;
    const u_long bit1 = 0x40;
    int pos = 4;
    u_char byte_zero = ip_db[pos];
    /* loop through bits of IP address */
    while (mask) {
        if (inet_n & mask) {
            /* bit[$i] is set [binary one]
               - jump to next node
               (start of child[1] node) */
            if (byte_zero & bit1) {
                pos = pos + 1 + (byte_zero ^ bit1);
            } else {
                pos = pos + 3 + ((ip_db[pos] << 8 | ip_db[pos+1]) << 8
                                 | ip_db[pos+2]);
            }
        } else {
            if (byte_zero & bit1) {
                pos = pos + 1;
            } else {
                pos = pos + 3;
            }
        }
        /*
          all terminal nodes of the tree start with zeroth bit 
          set to zero. the first bit can then be used to indicate
          whether we're using the first or second byte to store the
          country code */
        byte_zero = ip_db[pos];
        if (byte_zero & bit0) {
            if (byte_zero & bit1) {
                /* unpopular country code - stored in second byte */
                return ip_db[pos+1];
            } else {
                /* popular country code - stored in bits 2-7
                   (we already know that bit 1 is not set, so
                   just need to unset bit 1) */
                return byte_zero ^ bit0;
            }
        }
        mask = (mask >> 1);
    }
    return -1;
}

u_char *getdb(char *file, int *fdp, int *lenp) {
    char path[PATH_MAX+1];
    int fd;
    struct stat st;
    int length;
    u_char *db;
    snprintf(path, PATH_MAX, "%s/%s", DBDIR, file);
    path[PATH_MAX] = '\0';
    fd = open(path, O_RDONLY);
    if (fd < 0) {
        fprintf(stderr, "Can't open: %s err=%d\n", path, errno);
        exit(1);
    }
    if (fdp) *fdp = fd;
    if (fstat(fd, &st) < 0) {
        fprintf(stderr, "Can't stat: %s fd=%d err=%d\n", path, fd, errno);
        exit(1);
    }
    length = st.st_size;
    if (lenp) *lenp = length;
    db = (u_char*)mmap((void*)0, length, PROT_READ, MAP_SHARED, fd, 0);
    if (db == MAP_FAILED) {
        fprintf(stderr, "Can't map: %s fd=%d len=%d err=%d\n",
                path, fd, length, errno);
        exit(1);
    }
    return db;
}

int main(int argc, char *argv[]) {
    int i;
    u_char *ip_db = getdb("ip.gif", NULL, NULL);
    const char *_cc = 
        "USDEGBNL--FREUBEITESCACHRUSEAUAT"
        "PLCZIEFIJPDKNOUAZANGILROGRCNPTHU"
        "INTRIQSGHKCYIRLTNZKRLUBGAEARBRSI"
        "IDCLSKTWSAMYTHYUMXLVCOPHLBPKKZGH"
        "EETZKWKERSBDHRDZEGVECMPEECLIPRGE"
        "ISMEAPBYMGMDAOCIMTSOPAZWVNBANEBH"
        "PSJOCDMZAZMAUZDOBJAMUGSLCGGNZMMU"
        "TJMCANMWJMGIMKCRBMLRBOUYGTBWLKGP"
        "ALGAMQKGTTNASVLYMNMRAFNPSNKHBBQA"
        "CUGLBNOMMOPYSYPGNISMMLSCDJSZLSBF"
        "CFGUNCVGHNFJPFTDLAYEFOBISDGQRWKY"
        "**BSSRADGMCVGDKNETERRETNTMTGYTMV"
        "VIHTKMSTGWAGVABZBTNRTOFKKIVUMPWS"
        "MMAWSBJEGFAIAQIOGYNFLCPWCKDMAXFM"
        "TVNUAS--------------------------"
        "--------------------------------";
#ifdef CHECKCC
    int cc_fd;
    int cc_len;
    int cc_num;
    u_char *cc_db = getdb("cc.gif", &cc_fd, &cc_len);
    char cc[CC_MAX * 2 + 1];
    cc_num = cc_len / 3;
    if (cc_num < 0 || CC_MAX <= cc_num) {
        fprintf(stderr, "Can't happen: irregular CC DB cc_num=%d\n", cc_num);
        exit(1);
    }
    for (i=0; i < CC_MAX; i++) {
        cc[i*2] = '-';
        cc[i*2+1] = '-';
    }
    cc[i*2] = '\0';
    for (i=0; i < cc_num; i++) {
        u_char c = cc_db[i*3];
        cc[c*2] = cc_db[i*3+1];
        cc[c*2+1] = cc_db[i*3+2];
    }
    munmap(cc_db, cc_len);
    close(cc_fd);
    if (strcmp(cc, _cc) != 0) {
        for (i=0; i < CC_MAX; i+=16) {
            int j;
            printf("\"");
            for (j=0; j < 16; j++) {
                printf("%c%c", cc[(i+j)*2], cc[(i+j)*2+1]);
            }
            printf("\"\n");
        }
    }
#else
    const char *cc = _cc;
#endif
    for (i=1; i < argc; i++) {
        u_long in = ntohl(inet_addr(argv[i]));
        int c = inet_ntocc(ip_db, in);
        if (c < 0) {
            printf("UNKNOWN %s\n", argv[i]);
        } else {
            printf("%c%c %s\n", cc[c*2], cc[c*2+1], argv[i]);
        }
    }
    return 0;
}

国コードへの変換テーブル「cc.gif」は、 変更頻度もさほど高くないだろうと思われたので、 プログラム中に固定文字列として定義している。 コンパイル時に「-DCHECKCC」を指定することにより、 cc.gif と内蔵の変換テーブルが一致するかチェックできる。

あとは、このコードを MTA に組み込むだけ。 私のサイトでは qmail を 使っているので、 qmail-smtpd.c にこのコードを組み込んだ。

Filed under: システム構築・運用,プログラミングと開発環境 — hiroaki_sengoku @ 07:42
2007年8月3日

ダイナミックDNSサービスを始めてみた hatena_b

GCDバックアップ回線は、 (費用節約のため ^^;) 固定IPアドレス契約をしていない。 また出先でノートPC を使うときなども IPアドレスは固定でないわけで、 そういったときにもホスト名を持たせられる ダイナミックDNSサービス が便利。

ダイナミックDNSサービスというと、 DynDNS.org, freedns.afraid.org, ZoneEdit.com, No-IP.com, ieServer.Net, ddo.jp などが有名であるが、 いろいろ実験したいときなど、 自前のダイナミックDNSサービスがあると何かと便利なので立ち上げてみた。

大抵のダイナミックDNSサービスは、濫用防止の仕掛けがあって、 アドレス更新頻度が高いとすぐサービス利用を拒否されてしまう。 実験の時など意図せず何度も更新へ行ってしまうこともあり得るわけで、 そのたびに利用を拒否されては実験が滞ってしまうし、 そもそも人様のサーバを実験につきあわせてしまっては申し訳ない。

http://ddns.gcd.jp/register に アクセスして、 ホスト名とパスワード (と captcha) を入力して、 「register」ボタンを押すと、 「ホスト名.gcd.jp」という FQDN を DNS に登録する。

そして、 http://ddns.gcd.jp/update

ユーザ名:登録したホスト名
パスワード:登録したパスワード

でアクセスすると、 アクセス元のグローバル IP アドレスが登録される。 アクセス元と異なる IP アドレスを登録したい時は、 http://ddns.gcd.jp/update?ip=127.0.0.1 などと「ip」をパラメータとして指定すればよい。 もちろんこのサービスは実験目的で立ち上げたものであり、 安定運用を保証するものではない。 予告無くサービスを停止あるいは制限を加えることを 了承いただけるかたにのみ利用を許諾する。

GnuDIP など、 ダイナミックDNS サービスを実現するソフトウェアはいくつかあるようであるが、 Web アプリケーションとして行なうべき事は極めて単純 (ホスト名登録と IPアドレス更新のページだけ) なので、 ざくっと php で書いてみた(わずか 250行)。

ネームサーバは MyDNS を使用している。 MyDNS というのは MySQL (あるいは PostgreSQL) のレコード (一例を以下に示す) を そのままゾーンレコードとして扱えるネームサーバ。 つまり php スクリプトから MySQL データベースを更新するだけで ダイナミックDNS サービスを実現できる。

mysql> select * from rr;
+-----+------+-------------+-------+----------------+-----+-------+
| id  | zone | name        | type  | data           | aux | ttl   |
+-----+------+-------------+-------+----------------+-----+-------+
|   1 |    1 |             | NS    | ns.gcd.jp.     |   0 | 14400 |
|   2 |    1 |             | A     | 60.32.85.216   |   0 | 14400 |
|   3 |    1 |             | MX    | mx.gcd.org.    |  10 | 14400 |
|   4 |    1 | *           | MX    | mx.gcd.org.    |  10 | 14400 |
|   5 |    1 | ns          | A     | 60.32.85.217   |   0 | 14400 |
|   6 |    1 | www         | CNAME | gcd.jp.        |   0 | 14400 |
|   7 |    1 | ddns        | CNAME | gcd.jp.        |   0 | 14400 |
    (中略)
| 106 |    1 | senri       | A     | 60.32.85.220   |   0 |    50 |
| 107 |    1 | asao        | A     | 60.32.85.221   |   0 |    50 |
    (中略)
+-----+------+-------------+-------+----------------+-----+-------+

MyDNS は listen するポートを、 「listen = 127.0.0.1:53」などといった形式で指定するが、 IP アドレスとして 0.0.0.0 を指定する (つまりインタフェースを指定せずに listen させる) ことができないので、 以下のようなパッチをあてて使っている (2行コメントアウトしただけ)。

--- src/mydns/listen.c.org        2006-01-19 05:46:47.000000000 +0900
+++ src/mydns/listen.c        2007-08-02 13:46:33.000000000 +0900
@@ -81,8 +81,8 @@
         if (family == AF_INET)
         {
                 memcpy(&addr4, address, sizeof(struct in_addr));
-                if (addr4.s_addr == INADDR_ANY)
-                        return;
+/*                if (addr4.s_addr == INADDR_ANY)
+                        return;                */
         }
 #if HAVE_IPV6
         else if (family == AF_INET6)

PPPoE などでインターネットへ接続するサーバ (つまりルータ兼用サーバ) で ネームサーバを走らせようとする場合、 インタフェースを指定せず (INADDR_ANY) bind する ほうが何かと都合がよい。 にもかかわらず、 ネームサーバがインタフェース毎に bind しようとするのは何故なのだろうか。 久しく使っていないが、 BIND も そういう仕様だったと記憶している。

Filed under: システム構築・運用 — hiroaki_sengoku @ 06:29
2007年7月4日

ssh-agent & ForwardAgent を、より安全にしてみる hatena_b

ssh の ssh-agent は便利であるが、 ForwardAgent 機能を使う場合は注意が必要である。

あるマシン (ここでは senri とする) で、ssh-agent を実行すると、 ssh-agent は ssh 認証のための UNIX ドメイン ソケットを作成し、 そのパス名を環境変数「SSH_AUTH_SOCK」に設定する (正確に言えば環境変数を設定するのはシェルの組み込みコマンドである eval)。

senri:/home/sengoku % eval `ssh-agent`
Agent pid 14610
senri:/home/sengoku % ssh-add
Enter passphrase for /home/sengoku/.ssh/id_rsa:
Identity added: /home/sengoku/.ssh/id_rsa (/home/sengoku/.ssh/id_rsa)

続いて、ssh-add を実行し、 このソケットを通して ssh 秘密鍵を ssh-agent に登録する。 すると ssh (あるいは scp など) を passphrase を入力することなく使用できる。

senri:/home/sengoku % ssh mail1.v6.klab.org
Last login: Tue Jul  3 18:22:13 2007 from ishibashi.klab.org
mail1:/home/sengoku %

もしマシン senri が、きちんと管理されていて、 かつ root 権限を持っている人が自分一人しかいないのであれば、 SSH_AUTH_SOCK ソケットを他者に使われる心配はないので、 ssh-agent を走らせっぱなしにしておくことができて、 ssh を常に passphrase 無しで使うことができて便利である。

さらに ssh の ForwardAgent 機能を使うと、 senri 以外のマシンでも senri 上の ssh-agent を利用できる。

senri:/home/sengoku % ssh -A mail1.v6.klab.org
Last login: Wed Jul  4 07:13:46 2007 from senri.v6.gcd.org
mail1:/home/sengoku % echo $SSH_AUTH_SOCK
/tmp/ssh-dHyPx12011/agent.12011
mail1:/home/sengoku % ls -la /tmp/ssh-dHyPx12011
total 0
drwx------    2 sengoku  sengoku        80 Jul  4 07:15 .
drwxrwxrwt    8 root     root          368 Jul  4 07:15 ..
srwxr-xr-x    1 sengoku  sengoku         0 Jul  4 07:15 agent.12011
mail1:/home/sengoku % ssh mail2 hostname
mail2.klab.org
mail1:/home/sengoku %

つまりマシン mail1 上の sshd (ssh サーバ) が、 UNIX ドメイン ソケット /tmp/ssh-dHyPx12011/agent.12011 を作成し、 そのパス名を環境変数「SSH_AUTH_SOCK」に設定した上でログイン シェルを実行する。 ここで ssh を実行すると、このソケットを経由して senri の SSH_AUTH_SOCK ソケットへつながる (「ポート」ではないがポートフォワードと同様) ので、 passphrase 入力を求められない。

さらに、mail1 から別のマシンへ ssh でログインするときも、 同様に ForwardAgent を使うことができるので、 ForwardAgent の連鎖が続く限り ログインした全てのマシンで ssh を passphrase 無しで使うことができる。

以上のように、ForwardAgent は大変便利な機能であるが、 ログインした先のマシンの root 権限を持っている人が自分以外にもいる場合は、 注意が必要である。 例えば上記の例で言うと、 mail1 の root 権限を持っている人は、 UNIX ドメイン ソケット /tmp/ssh-dHyPx12011/agent.12011 へアクセスできる。 つまり、その人は senri 上で動いている私の ssh-agent すなわち私の ssh 秘密鍵を (passphrase 無しで) 利用することができてしまう。

もちろん、そんな悪いことをするヤツを root にしてはいけないのであるが、 ForwardAgent の連鎖を続けすぎると、 ログインしたマシンの中には 100% 信用できるとは限らない人が root 権限を持っている場合もあるだろう。 仮に全てのマシンの root 全員が 100% 信用できたとしても、 常に最悪のケースを考えるのが「セキュリティ」の基本である。 passphrase 無しで ssh を使うという利便性を優先したいのであれば、 せめて悪用されたときに即座に気づく仕掛けを組み込んでおきたいものである。

といっても、不正な利用と正当な利用とを区別することは一般に困難である。 悪用しようとする人がそこそこ注意深ければ、 正当な利用と判別しにくくなるような工夫は可能であろう。 そこで、正当な利用であろうが悪用であろうが、 ssh-agent へのアクセスがあったときは常に知らせる方法について考えてみる。

ssh-agent が利用ログを出力するように変更

ssh-agent.c に次のような変更を加えて、 ssh-agent がアクセスされたときは syslog へ出力するようにしてみる。

--- ssh-agent.c.org        2007-02-28 19:19:58.000000000 +0900
+++ ssh-agent.c        2007-06-28 22:41:19.000000000 +0900
@@ -734,7 +734,7 @@
                 return;
         }
 
-        debug("type %d", type);
+        logit("type %d", type);
         switch (type) {
         case SSH_AGENTC_LOCK:
         case SSH_AGENTC_UNLOCK:

この変更で ssh-agent へのアクセスがあったときは syslog へ出力が行なわれる。 あとは syslog 側で、 このログ出力をユーザ (つまり私) へ知らせる方法を考えればよい。

私の場合、 認証関係のログは携帯電話へメールで届くように syslog-ng を設定してある。 ssh-agent を利用していないのにケータイ メールが届くようなことがあれば、 ssh-agent が悪用された可能性を考えて調査することになるだろう。

ssh が ForwardAgent 利用ログを出力するように変更

ssh-agent にログを出力させる方法だと、 ローカルホストから ssh-agent を利用する場合にもログ出力を行なってしまう。 もしローカルホストの root 権限を持っている人が自分一人しかいないのであれば、 ログ出力は ForwardAgent 経由の場合に限定してよい。 リスクが全く無いケースのログ出力はできるだけ抑制したほうが、 危険度が高いケースを際立たせることができるので、より望ましいだろう。

clientloop.c と ssh.c に次のような変更を加えて、 ssh がリモートから ForwardAgent 要求を受取ったときに ログ出力するようにしてみる。

--- clientloop.c.org        2007-02-25 18:36:49.000000000 +0900
+++ clientloop.c        2007-07-03 07:02:39.000000000 +0900
@@ -1763,6 +1763,8 @@
                 error("Warning: this is probably a break-in attempt by a malicious server.");
                 return NULL;
         }
+        logit("sshd %.100s@%.64s requested agent forwarding.",
+              options.user, host);
         sock = ssh_get_authentication_socket();
         if (sock < 0)
                 return NULL;
--- ssh.c.org        2007-01-05 14:30:17.000000000 +0900
+++ ssh.c        2007-07-03 07:15:38.000000000 +0900
@@ -630,7 +630,8 @@
         channel_set_af(options.address_family);
 
         /* reinit */
-        log_init(av[0], options.log_level, SYSLOG_FACILITY_USER, 1);
+        log_init(av[0], options.log_level, SYSLOG_FACILITY_AUTH,
+                 (options.log_level > SYSLOG_LEVEL_VERBOSE));
 
         seed_rng();
 

このような変更を加えると、 ssh でログインした先 (上記の例で言うと mail1) で ssh を使ったとき、 あるいはさらにそこから別のマシンへ ssh でログインした先で ssh を使うなどして、 大元のマシン (上記の例で言うと senri) 上の ssh-agent へアクセスしたときに、 syslog への出力が行なわれる。

ログ出力の際、 「sshd sengoku@mail1.v6.klab.org requested agent forwarding.」などと、 ForwardAgent 要求を行なったのがどのサーバか示せる点も、 ssh-agent に変更を加える方法と比べてこの方法が優れている点と言える (ForwardAgent 連鎖していても、残念ながら一番手前のサーバしか示せないが)。

Filed under: システム構築・運用 — hiroaki_sengoku @ 07:45
2007年4月16日

Windows「ファイルとフォルダの共有」をリモートな Windows VISTA マシンからアクセスする方法 (1) hatena_b

よく知られているように、 Windows の「ファイルとフォルダの共有」を、 リモート (例えば社外に持ち出したノートPC) からアクセスする には、 アクセス元マシンの TCP 139番ポートあるいは TCP 445番ポートを、 アクセス先サーバの同番ポートへポートフォワードすればよい。 ポートフォワードの方法としては、 ssh の -L オプション を使ってもよいし、 perl POEstone などを組合わせてフォワードする仕掛けを構築してもよいし、 VPN-Warpを使ってもよい。 要は「local:445」への接続が、 そのまま「remote:445」へ中継されるようにできればよい (以下、アクセス元マシンのホスト名を「local」、 アクセス先サーバのホスト名を「remote」とする)。

アクセス元マシン local の 139番ポートないし 445番ポートが 未使用なら話はここで終わりだが、 local が Windows マシンだったりすると話が少しややこしい。 local が Windows マシンだと普通は 139番ポートも 445番ポートも使用済である。 139番ポートも 445番ポートも、 フォルダを他のマシンのユーザへ共有公開するためのポートであるにもかかわらず、 共有公開しない場合でもこのポートを Windows が使用する (listen する) のは、 Windows の不可解な仕様の一つ。

139番ポートは、 以下に引用するように 「NetBIOS over TCP/IP を無効にする」設定で空けることが可能なので、 「Microsoft Loopback Adapter」などをインストールして 139番ポートが未使用なインタフェースアドレスを確保すればよい。

Windows XP 等で、「ネットワーク接続」の各アダプタのプロパティの中の、 「インターネット プロトコル (TCP/IP)」のプロパティにて、 「詳細設定」を選択すると、 WINS タブの中に、この「NetBIOS over TCP/IP を無効にする」という設定があります。
この設定 (以下、「NBT を無効にする」と略記) はどういう意味でしょうか? 実は、「このアダプタにおいて『NetBIOS 付 SMB』サービスを行なわない」 という意味です。 「NetBIOS over TCP/IP」という表現で 「SMBサービス」を指すのは分かりにくいと思うのですが、 それはサテオキこの設定を行なうと、 「NetBIOS 付 SMB」すなわち 137, 138番ポートと TCP 139番ポートを 使用しなくなります (つまり listen しなくなる)。

Windows XP ならば以上のような方法で、 リモートのファイル/フォルダを共有できた。

しかしながら、 Windows VISTA の場合、そうは問屋がおろさない。 local が Windows VISTA なマシンである場合、 まず 445番ポートへアクセスしに行ってしまう。 445番ポートは local マシンの「ファイルとフォルダの共有」のため、 (たとえ共有公開設定を行なわなかったとしても) Windows VISTA が使用済であり、 かつインタフェースアドレスを指定せずに listen しているので、 「Microsoft Loopback Adapter」などをインストールしたとしても、 445番ポートを空けることができない。

また、VISTA でなくても 139番ポートをポートフォワードして NetBIOS 付 SMB セッションを リモートサーバへ張る方法は、 実はあまり適切ではない。 Windows が「NetBIOS 付」つまり 137番ポートを使った NetBIOS 名の解決を 試みるからだ。 137番ポートはポートフォワードしていないため、 当然この NetBIOS 名の解決は失敗するのだが、 タイムアウトするまで待たされる。

では、どうすればいいか?

NetBIOS 名の解決を抑止するには、 Direct Hosting of SMB (TCP 445番ポート) を使うのが一番である。 通信相手を Windows 2000 以降に限定して構わなければ (そろそろ Windows 98 などは切り捨ててもいいのではないだろうか?)、 全てのネットワークアダプタにおいて、 「NetBIOS over TCP/IP を無効にする」を設定しておくことにより、 137 ~ 139番ポートを使った NetBIOS 通信に煩わされることがなくなる。

「NetBIOS over TCP/IP を無効にする」には、 各ネットワークアダプタのプロパティの中の、 「インターネット プロトコル (TCP/IP)」のプロパティにて、 「詳細設定」を選択すると、 WINS タブの中に、 この「NetBIOS over TCP/IP を無効にする」という設定があるので、 このラジオボタンを選択する。
やれやれ、これでアドホックな名前解決とは縁を切れる、と思ったら Windows VISTA では LLMNR (Link-local Multicast Name Resolution) なる 新しいプロトコルが導入されてしまった。 果たして LLMNR を無効にすることは可能なのだろうか? アドホックな名前解決の有用性は認めるにしても、 それを抑制する方法が存在しないのは問題なのではないだろうか。

そして 445番ポートをポートフォワードする。 前述したように、 local マシンの 445番ポートは Windows が使用済なので、 local マシンとは「別のマシン」を用意することが必要になる。 幸い、最近は仮想マシンが普及しつつあるので、 ノートPC などでも local マシンとは別のマシンを同居させることが 現実的になってきた。 もちろん、ポートフォワードのためだけに仮想マシンを走らすのは、 いかにも牛刀なので、 仮想マシンを走らせるニーズがなければあまり好ましい方法ではないだろう。 ポートフォワードだけを行なう仮想ネットワークドライバがあればいいのだが、 そういうものは果たしてあるのだろうか? ご存じの方は教えて頂けると幸いである。

幸い私の場合、以前から Windows 上で coLinux を走らせているので、 この仮想マシン上の Linux を使って 445番ポートをポートフォワードできる。 具体的な方法については長くなってしまうので、
続きは次回に...

Filed under: システム構築・運用 — hiroaki_sengoku @ 08:02
2007年3月19日

オープンソース版 VPN-Warp リレー サーバ (Perl POE を使って実装) hatena_b

Perl の非同期I/Oモジュール POE を使って VPN-Warp relayagent を書いてみました」に 続いて、 同じく POE を使って VPN-Warp リレー サーバも書いてみました。 これで、オープンソースだけを使って VPN-Warp を実現することができます。

今までも、 BIGLOBE の VPN ワープのページから証明書を取得すれば、 月額 525円で VPN-Warp を試してみることはできたわけですが、 ちょっと試してみたい場合など、 有料であることがネックである感は否めませんでした。 特に、 常日頃からオープンソースを使いこなしている方々だと、 ちょっと使ってみたいだけなのにお金を払うのはねぇ、 と思ってしまうのではないでしょうか。 かくいう私も、 無料「お試し版」のサービスやソフトウェアに慣れきってしまっているので、 試しに使ってみようとする場合に、 それが有料だったりすると、 いきなり億劫になってしまう今日このごろだったりします (^^;)。

というわけで、 オープンソース版 VPN-Warp です。 使い方はあまりフレンドリーではありませんが、 なんたって全て公開してしまっているので、 興味あるかたは、 とことんいじってみてはいかがでしょうか。

relayagent.pl と同様、 今回公開する relayserver.pl も SSL 暗号化/復号の機能を含んでいません。 したがってリレー サーバへの https アクセスを stone などを 通して SSL 復号する必要があります。 例えば stone を

stone -z cert=cert.pem -z key=priv.pem \
      localhost:12345 443/ssl &

などと実行しておき、 relayserver.pl を

relayserver.pl 12345

と実行します。これだけで 443番ポートはリレー サーバとして利用できます。 つまり、relayagent とブラウザからの https 接続を受付けると、 リレー サーバが両セッションを中継し 「ブラウザ → リレー サーバ → relayagent → Webサーバ」 という経路で通信できます。

                      リレー            イントラ         イントラ
ブラウザ ─────→ サーバ ←──── relayagent──→ Webサーバ
            https     443番ポート                        80番ポート

見かけは極めて tiny ですが、 通信プロトコルは本物(?)の VPN-Warp と互換性があるので、 「VPN-Warp relayagent フリー ダウンロード」から ダウンロードできる VPN-Warp relayagent を使うこともできます。

そもそも論で言えば、 リレー サーバの役目は単にデータを右から左へ渡すだけなので、 以下に示すようにその中核の部分は極めてシンプルです。 しかしながら、もちろんこれは KLab(株) で運用しているリレー サーバが単純であることを意味しません。 機能がシンプルでも、大量の同時接続 & 大量データを受付ける耐高負荷性能や、 機器の一部に故障が起きてもサービスが影響を受けない高可用性を実現するために、 様々な工夫を盛り込んでいます。

では、relayserver.pl の中身を順に見ていきましょう。

#!/usr/bin/perl
use POE qw(Component::Server::TCP Filter::Stream);
my $Port = shift;
my $PollID;
my $PollHeap;
my $PollBuf;
my $PollHeader;
my %SID;
my %Heap;
my %Buf;
my $NextSID = 0;

POE::Component::Server::TCP->new
    (
     Port => $Port,
     ClientInput => sub {
         my ($heap, $input, $id) = @_[HEAP, ARG0, ARG1];
         if (defined $PollID && $id == $PollID) {
             $PollHeap = $heap;
             $PollBuf .= $input;
             &doPoll;
         } elsif (defined $SID{$id}) {
             my $sid = $SID{$id};
             $Heap{$sid} = $heap;
             $Buf{$sid} .= $input;
             &doSession($sid);
         } elsif ($input =~ m@^GET /KLAB/poll @) {
             if (defined $PollID) {
                 $heap->{client}->
                     put("HTTP/1.1 503 Service Unavailable\r\n\r\n");
                 $heap->{client}->shutdown_output;
                 return;
             }
             $PollID = $id;
             $PollHeap = $heap;
             $PollBuf = $input;
             &doPoll;
         } else {
             $SID{$id} = $NextSID;
             $NextSID = ($NextSID + 1) & 0xFFFF;
             my $sid = $SID{$id};
             $Heap{$sid} = $heap;
             $Buf{$sid} = $input;
             &doSession($sid);
         }
     },
     ClientDisconnected => sub {
         my $heap = $_[HEAP];
         my $id = $heap->{client}->ID;
         if (defined $PollID && $id == $PollID) {
             undef $PollHeap;
             undef $PollBuf;
             undef $PollHeader;
             undef $PollID;
         } elsif (defined $SID{$id}) {
             my $sid = $SID{$id};
             undef $SID{$id};
             undef $Heap{$sid};
             undef $Buf{$sid};
         }
     },
     ClientFilter => POE::Filter::Stream->new(),
    );
POE::Kernel->run;

わずか 70行にも満たないコードですが、 リレー サーバの中核の部分は、ほとんどこれで全てです。 いかに POE (Perl Object Environment) の 記述性が高いか分かりますね。

私は常日頃から プログラマの生産性は、ピンとキリでは 3桁の違いがある と主張しています。 この主張をもう少し詳しく言うと、 その 3桁のうち、プログラマの腕に純粋に依存する部分は 2桁ほどの違いで、 残り 1桁ぶんは解決すべき問題に応じていかに最適な道具を使うかの違い、 ということになります。 最適な道具を使いこなせるもの腕のうち、 ということもできますね。

上記 70行にも満たないコードですが、 実は命令文としてみると、 わずかに 2 つの命令文であることが分かります。 すなわち、

POE::Component::Server::TCP->new(...中略...);
POE::Kernel->run;

ですね。実質「POE::Component::Server::TCP->new(...中略...);」 だけと言ってもいいでしょう。 この命令文は、

POE::Component::Server::TCP->new
    (
     Port => $Port,
     ClientInput => sub {
         ... クライアントから受信したデータの処理 ...
     },
     ClientDisconnected => sub {
         ... クライアントとの接続が切れたときの処理 ...
     },
     ClientFilter => POE::Filter::Stream->new(),
    );

という構造になっています。 つまり、クライアントからデータが送られて来たときに呼び出されるルーチンと、 クライアントとの接続が切れたときに呼び出されるルーチンを指定しておけば、 あとは POE がうまくやってくれる、というわけです。簡単でしょう?

リレー サーバにとって「クライアント」というと、 ブラウザか relayagent になります。 クライアントからの TCP/IPセッション一本一本に対して POE が ID を割り振っていて、 この ID を見ればどの TCP/IPセッションで送られて来たデータか分かります。

Perl の非同期I/Oモジュール POE を使って VPN-Warp relayagent を書いてみました」で 解説したように、 クライアントから送られて来た最初のデータが 「GET /KLAB/poll 」で始まっていれば、 そのクライアントは relayagent ですから、 以下のようにその ID ($id) を $PollID に代入しておきます。

         elsif ($input =~ m@^GET /KLAB/poll @) {
             if (defined $PollID) {
                 $heap->{client}->
                     put("HTTP/1.1 503 Service Unavailable\r\n\r\n");
                 $heap->{client}->shutdown_output;
                 return;
             }
             $PollID = $id;
             $PollHeap = $heap;
             $PollBuf = $input;
             &doPoll;
         }

同じ TCP/IPセッション (つまり $id == $PollID) で 続いて送られてきたデータは、 以下の部分で処理されます。

         if (defined $PollID && $id == $PollID) {
             $PollHeap = $heap;
             $PollBuf .= $input;
             &doPoll;
         }

いずれの場合も、受信したデータはいったん $PollBuf に蓄えた上で、 「doPoll」ルーチンを呼び出します。

一方、ブラウザから送られてきたデータの場合は、 以下のようにセッションID ($SID{$id}) を順に割当てていきます。 「セッション」という単語が何度も出てきてややこしいのですが、 $id が POE が各 TCP/IPセッションに割当てた ID で、 各 TCP/IPセッションそれぞれに、 リレー サーバが 16bit の番号を割当てたのが VPN-Warp で言うところのセッションID ($sid = $SID{$id}) です。

         else {
             $SID{$id} = $NextSID;
             $NextSID = ($NextSID + 1) & 0xFFFF;
             my $sid = $SID{$id};
             $Heap{$sid} = $heap;
             $Buf{$sid} = $input;
             &doSession($sid);
         }

同じ TCP/IPセッション (つまりセッションID $sid が $SID{$id}) を通して 続いて送られてきたデータは、 以下の部分で処理されます。

         elsif (defined $SID{$id}) {
             my $sid = $SID{$id};
             $Heap{$sid} = $heap;
             $Buf{$sid} .= $input;
             &doSession($sid);
         }

いずれの場合も、受信したデータはいったん $Buf{$sid} に蓄えた上で、 「doSession」ルーチンを呼び出します。

つまり、relayagent から受信したデータは doPoll ルーチンで、 ブラウザから受信したデータは doSession ルーチンで、 それぞれ処理する、というわけです。 以下の図に示すように、 リレー サーバの役割は、 relayagent から受信した (ブロック化された) データを、 (ブロックを開梱しつつ) ブラウザへ送信し、 またブラウザから受信したデータを、 ブロック化して relayagent へ送ることですから、 doPoll および doSession が何をするためのルーチンか予想できますよね?

VPN-Warp セッション

まず doPoll を見ていきましょう。

sub doPoll {
    do {
        if (! defined $PollHeader) {
            if ($PollBuf =~ /\r\n\r\n/) {
                $PollHeader = `;
                $PollBuf = ';
                $PollHeap->{client}->put("HTTP/1.1 200 OK\r\n\r\n");
            }
        }
        return unless defined $PollHeader;

リクエストヘッダを全て読み込んでいない場合 (つまり $PollBuff に空行 \r\n\r\n が含まれていない場合) は、ここで終わりです。
$PollBuf に受信データが追加されて、ふたたび doPoll が呼ばれるまで待ちます。

リクエストヘッダを全て読み込んだ場合は、 $PollBuf からリクエストヘッダ部分を削除した上で、 次に進みます。

        my ($sid, $len, $data) = unpack("nna*", $PollBuf);
        return unless defined $sid && defined $len && $len ne "";

ブロック全体を読み込めていない場合は、ここで終わりです。 $PollBuf に受信データが追加されて、ふたたび doPoll が呼ばれるまで待ちます。 「ブロック」というのは VPN-Warp 用語で、 relayagent とリレーサーバとの通信は、 基本的にこの「ブロック」を単位にして行ないます。 ブロックは次のような可変長のデータです。

    ┌───┬───┬───┬───┬───┬─≪─┬───┐
    │セッションID│ データ長  │  可変長データ   │
    └───┴───┴───┴───┴───┴─≫─┴───┘
          2バイト         2バイト      「データ長」バイト

「セッションID」および「データ長」は、ビッグエンディアンです。 つまり上位バイトが先に来ます。 したがって、上記コードによって $sid, $len, $data にそれぞれ 「セッションID」「データ長」「可変長データ」が代入されます。

なお、データ長が 0 ないし負数の場合は、 「可変長データ」の部分は 0 バイトになります。 このような「可変長データ」がないブロックは、 コントロール用のブロックで、 EOF や Error などのイベントを伝えます。

        if ($len > 32767) {
            $len -= 65536;
            $PollBuf = $data;
            if ($len == -1) {
                &doShutdown($sid);
            }
        }

$len == -1 のときは、Error を伝えるコントロール ブロックなので、 「doShutdown」ルーチンを呼び出しています。

        elsif ($len > 0) {
            return unless defined $data && length($data) >= $len;
            ($data, $PollBuf) = unpack "a${len}a*", $data;
            if (defined $Heap{$sid}) {
                $Heap{$sid}->{client}->put($data);
            }
        }

$len > 0 のときは、 $sid で示されるブラウザに対して $data を送信します。 $len == 0 のときは、 EOF を伝えるコントロール ブロックなので、 「doShutdown」ルーチンを呼び出しています。

        else {        # len == 0
            $PollBuf = $data;
            &doShutdown($sid);
        }
    } while ($PollBuf ne "");
}

以上を、$PollBuf が空になるまで続けます。

doShutdown はブラウザとの TCP/IPセッションを shutdown するためのルーチンです。

sub doShutdown {
    my ($sid) = @_;
    if (defined $Heap{$sid}) {
        $Heap{$sid}->{client}->shutdown_input;
    }
}

次に doSession です。

sub doSession {
    my ($sid) = @_;
    if (defined $PollHeap) {
        my $req = $Buf{$sid};
        $Buf{$sid} = "";
        for my $block (unpack "(a2048)*", $req) {
            $PollHeap->{client}->
                put(pack("nna*", $sid, length($block), $block));
        }
    }
}

ブラウザから送られてきたデータを、 2048 バイトずつ区切って「セッションID」「データ長」を 前につけることによってブロック化して、 relayagent に送信しています。

オリジナルの VPN-Warp を使ったことがある方は既にお気付きかも知れませんが、 上記 relayserver.pl は説明を簡単にするために機能をいくつか省いています。 例えば、オリジナルのリレー サーバは、 接続する際はクライアント認証が必須で、 同じクライアント証明書を提示した relayagent とブラウザを 結び付ける機能があるのですが、 上記 relayserver.pl はクライアント認証を行なわないので、 任意のブラウザから接続可能ですし、 同時接続が可能な relayagent は一つだけです。

腕に覚えのあるかたは、 オリジナルの VPN-Warp と同等の機能を実現するには どのような修正を加えればよいか、 考えてみてはいかがでしょうか? そして、 こういうことを考えることが好きなかた、 「いっしょにDSASつくりませんか?

Filed under: システム構築・運用,プログラミングと開発環境 — hiroaki_sengoku @ 06:36
2007年1月22日

Perl の非同期I/Oモジュール POE を使って VPN-Warp relayagent を書いてみました hatena_b

多数の TCP/IP セッションを同時に維持する必要性などから、 非同期I/O が最近流行りのようです。 何をいまさら、という気もするのですが、 いわゆる「最新技術」の多くが 30年前の技術の焼き直しに過ぎない今日このごろなので、 非同期I/O 技術が「再発見」されるのも、 「歴史は繰り返す」の一環なのでしょう。 スレッドが当たり前の時代になってからコンピュータ技術を学んだ人にとっては、 (古めかしい) 非同期I/O が新鮮に映るのかも知れず、 なんだか「ファッションのリバイバル」に似ていますね。

Perl で非同期I/O 処理を手軽に行なうための枠組みとして、 POE: Perl Object Environment というものが あるようです。 POE を使うと、 あたかもスレッドを使っているような手軽さでプログラミングできます。 試しに VPN-Warp の relayagent を POE を使って書いてみました。 オリジナルの relayagent は C 言語で記述した 4000 行を超える プログラムなのですが、 Perl だと 200 行以下で一通り動くものが書けてしまいました (もちろん C 版の機能を全て実装したわけではありません)。

POE を触るのは今回が初めてだったので、 マニュアルをいちいち参照しながら書いたのですが、 なにせわずか 200 行ですから、 開発はデバッグ込みで 1 日かかりませんでした。 改めて Perl の記述性の良さと開発効率の高さに感動したのですが、 これだけ簡潔に書けてしまうと、 relayagent の機能を解説するときの教材としても使えそうです。

というわけで、 今までブラックボックスだった relayagent の中身の解説を試みたいと思います。 これから POE を使ってみようとする人の参考にもなれば幸いです。

VPN-Warp の relayagent とは、 以下の図のようにリレーサーバと Webサーバの両方へ接続して、 リレーサーバから受取ったリクエストを Webサーバへ中継するプログラムです。 http リクエストを受取ってサービスを行なうのですから、 サーバの一種と言えますが、 外部から接続を受付けるわけではなく、 リレーサーバと Webサーバの両方に対してクライアントとして振る舞う点が ユニークと言えるでしょう。

                      リレー            イントラ         イントラ
ブラウザ ─────→ サーバ ←──── relayagent──→ Webサーバ
            https     443番ポート                        80番ポート

http リクエストを受取って Webサーバへ中継するプログラムというと、 proxy サーバを思い浮かべるかも知れません。 proxy サーバはその名の通り、 ブラウザに対してはサーバとして振る舞います:

                                        proxy            イントラ
ブラウザ ──────────────→ サーバ────→ Webサーバ
                                        8080番ポート     80番ポート

proxy サーバが、ブラウザからの接続を受付けて、 それを Webサーバに中継するのに対し、 relayagent は自身では接続を受付けずに中継する、 という違いがお分かりでしょうか? relayagent は接続を受ける必要がないため、 ファイアウォールの内側など、 外部からアクセスできない場所で使うことが可能になっています。

なお、C 版の relayagent はリレーサーバに対して https で接続するのですが、 Perl 版 relayagent (以下 relayagent.pl) は、 説明の都合上 SSL 暗号化の機能を含んでいません。 実際に使うときは、 stone などで SSL 暗号化して リレーサーバに接続する必要があります。

         リレー                         イントラ         イントラ
         サーバ ←──── stone ←── relayagent──→ Webサーバ
         443番ポート       SSL化        Perl 版          80番ポート

例えば stone を

stone -q pfx=relay,5000005.pfx \
      -q passfile=relay,5000005-pass.txt \
      warp.klab.org:443/ssl localhost:12345 &

などと実行しておき、 relayagent.pl はリレーサーバに接続する代わりに、 localhost の 12345 番に接続します。

では、relayagent.pl を順に見ていきましょう。

#!/usr/bin/perl
use POE qw(Component::Client::TCP Filter::Stream);
my $IdleTimerMax = 6;        # 60 sec
&help unless @ARGV == 2;
&help unless shift =~ m/^(\w+):(\d+)$/;
my ($RelayHost, $RelayPort) = ($1, $2);
&help unless shift =~ m/^(\w+):(\d+)$/;
my ($WebHost, $WebPort) = ($1, $2);
my %WebHeap;
my $PollBuf;
my $PollHeap;
my $PollHeader;
my $IdleTimer;
my $DisconectTime = 0;

$RelayHost, $RelayPort は、 リレーサーバのホスト名とポート番号ですが、
前述したように stone 経由でリレーサーバにつなぐために、
$RelayHost = "localhost", $RelayPort = 12345 などとなります。また、 $WebHost, $WebPort は、 中継先となる (イントラの) Webサーバのホスト名とポート番号です。

続いて、リレーサーバへ接続する (直接の接続先は SSL 化を行なう stone ですが、 煩雑になるので以下 「リレーサーバ」 と略記します) ためのコードです:

POE::Component::Client::TCP->new
    ( RemoteAddress => $RelayHost,
      RemotePort    => $RelayPort,
      Connected     => sub {
          $PollHeap = $_[HEAP];
          undef $PollHeader;
          $PollBuf = "";
          $IdleTimer = $IdleTimerMax;
          $PollHeap->{server}->
              put("GET /KLAB/poll HTTP/1.1\r\nX-Ver: realyagent.pl 0.01\r\n\r\n");
      },
      ServerInput   => sub {
          $PollHeap = $_[HEAP];
          $PollBuf .= $_[ARG0];
          &doPoll;
      },
      Filter        => POE::Filter::Stream->new(),
      Disconnected  => \&reconnectPoll,
    );

POE では、非同期に動く処理を、 処理ごとに分けて書くことができます。 各処理のことを「POEセッション」と呼びます。

上記は、リレーサーバへ接続する POEセッションの生成です。 接続先ホストおよびポートを、 それぞれ $RelayHost と $RelayPort に設定しています。

「Connected => sub {」から始まる部分が、 接続に成功したときに実行するコードです。 細かいところはさておき、 接続したら以下のリクエストをリレーサーバに送る、 という点は読み取れるのではないでしょうか。

GET /KLAB/poll HTTP/1.1
X-Ver: realyagent.pl 0.01

同様に、 「ServerInput => sub {」から始まる部分が、 通信相手 (リレーサーバ) からデータを受信したときに実行するコードです。 受信したデータは、 いったん変数 $PollBuf に溜めておいて、 続いて呼び出す doPoll の中で処理を行ないます。

以上からお分かりのように、 リレーサーバへデータを送るときは、
「$PollHeap->{server}->put(送るべきデータ);」を実行し、 リレーサーバからデータが送られてきた時は、 doPoll で受取ります。 とても見通しが良いですね。

各 POEセッションは、スレッドと同様、同一メモリ空間を共有しているので、 他の POEセッションが変更した変数の値を参照できます。 したがってどの POEセッションでもリレーサーバへデータを送ることができますし、 リレーサーバから受信したデータはどの POEセッションでも読むことができます。

続いて、もう一つ POEセッションを作ります。

POE::Session->create
    ( inline_states =>
      { _start => sub {
          $_[KERNEL]->delay( tick => 10 );
        },
        tick => sub {
            if ($IdleTimer > 0) {
                if (--$IdleTimer <= 0) {
                    &sendControl(0, -2);        # keep alive
                }
            }
            $_[KERNEL]->delay( tick => 10 );
        },
      },
    );
$poe_kernel->run;
exit;

この POEセッションは 10秒に一回、 「tick => sub {」から始まる部分を実行します。 見ての通り、$IdleTimer の値を減らしていって、 0 になったら sendControl を実行します。 $IdleTimer は最初 6 ($IdleTimerMax) に設定されるので、 1 分ごとに sendControl を実行する、という意味ですね。

以上 2つの POEセッションは作成しただけで、まだ走り出していません。
その次の「$poe_kernel->run;」が各 POEセッションを走らせるための呼び出しです。 このルーチンは全ての POEセッションが終了するまで返ってきません。

さて、relayagent はリレーサーバとの接続を常時維持していますが、 無通信時間が続くと (通信経路中にあるファイアウォールなどに) 切られてしまう恐れがあるので、 keep alive ブロックを送信しています。 通信が行なわれていない時間を測るためのカウンタが $IdleTimer というわけです。

通信が行なわれない限り $IdleTimer は減り続け、 1 分経過すると sendControl(0, -2) を呼び出して keep alive ブロックを送信します。 sendControl はこんな感じ:

sub sendControl {
    my ($id, $control) = @_;
    $control += 65536 if $control < 0;
    $IdleTimer = $IdleTimerMax;
    if (defined $PollHeap && $PollHeap->{connected}) {
        $PollHeap->{server}->put(pack("nn", $id, $control));
    }
}

既に説明したように「$PollHeap->{server}->put(データ)」は、 リレーサーバにデータを送る呼び出しですから、 「pack("nn", 0, 65534)」が keep alive ブロックであることが分かります。

「ブロック」というのは VPN-Warp 用語でして、 relayagent とリレーサーバとの通信は、 基本的にこの「ブロック」を単位にして行ないます。 ブロックは次のような可変長のデータです。

    ┌───┬───┬───┬───┬───┬─≪─┬───┐
    │セッションID│ データ長  │  可変長データ   │
    └───┴───┴───┴───┴───┴─≫─┴───┘
          2バイト         2バイト      「データ長」バイト

「セッションID」および「データ長」は、ビッグエンディアンです。 つまり上位バイトが先に来ます。 データ長が 0 ないし負数の場合は、 「可変長データ」の部分は 0 バイトになります。

データ長が 0 ないし負数であるブロックは、 コントロール用のブロックで、 以下の意味を持っています:

データ長意味内容
0EOFWebセッションの終了を要求
-1ErrorWebセッションの異常終了を要求
-2Keep Alive無通信状態が続いたときに送信
-3X OFFWebセッションのデータ送信の一時停止を要求
-4X ONWebセッションのデータ送信の再開を要求

ブラウザ送ったリクエストを Webサーバに届け、 Webサーバのレスポンスをブラウザに返す一連の通信のことを、 ここでは「Webセッション」と呼ぶことにします。 つまり、 VPN-Warp が提供する仮想的な通信路 (トンネル) 上のセッションです。

VPN-Warp セッション

ブラウザがリレーサーバと通信するときの TCP/IPセッションと、 relayagent と Webサーバが通信するときの TCP/IPセッションを対応づけるのが、 セッションID です。 「セッション」という言葉が何度も出てきてややこしいですが、 「セッションID」の「セッション」は、 「Webセッション」の意味です。

リレーサーバと relayagent との間は、 複数の Webセッションを一本の TCP/IPセッションに相乗りさせるので、 そのとき各 Webセッションがこんがらないようにするために ブロックにはセッションID がつけられている、というわけです。

では、次はいよいよ relayagent の中核ルーチンである doPoll です:

sub doPoll {
    do {
        if (! defined $PollHeader) {
            if ($PollBuf =~ /\r\n\r\n/) {
                $PollHeader = $`;
                $PollBuf = $';
            }
        }
        return unless defined $PollHeader;
        my ($id, $len, $data) = unpack("nna*", $PollBuf);
        return unless defined $id && defined $len && $len ne "";
        if ($len > 32767) {
            $len -= 65536;
            $PollBuf = $data;
            if ($len == -1) {
                &closeWeb($id);
            }
        } elsif ($len > 0) {
            return unless defined $data && length($data) >= $len;
            ($data, $PollBuf) = unpack "a${len}a*", $data;
            &reqWeb($id, $data);
        } else {        # len == 0
            $PollBuf = $data;
            &closeWeb($id);
        }
    } while ($PollBuf);
}

前述したように、relayagent はリレーサーバに接続したとき、 まず
「GET /KLAB/poll HTTP/1.1」から始まるリクエストヘッダを送ります。 するとリレーサーバは、 次のようなレスポンスを返します:

HTTP/1.1 200 OK
X-Customer: nusers=5&type=1&expire=1169696110&digest=3f6977eceb8c2c43e28e6026b08ba900

そしてこの後 (doPoll において「defined $PollHeader」が真のとき)、 リレーサーバと relayagent は、 前述したブロックを送受信することになります。

「my ($id, $len, $data) = unpack("nna*", $PollBuf);」の部分が、
リレーサーバから受信したブロックを、
「セッションID ($id)」 「データ長 ($len)」 「可変長データ ($data)」 に分解している処理ですね。 続いてブロックの処理が行なわれますが、 コントロールブロックに関する処理は割愛して、 可変長データが付いているブロックの処理を見ていきましょう。 ここで受信した可変長データは、 ブラウザが送信した http リクエストを 2048バイトごとに分割したものです。

つまりリレーサーバは、 ブラウザから https リクエストを受取るたびに「セッションID」を割り振ります。 そして、リクエストをブロックに分割して relayagent へ送信し、 逆に relayagent から受取ったブロックを 同じセッションID ごとに連結して、 http レスポンスとしてブラウザへ送信します。

したがって、 relayagent はリレーサーバから受取ったブロックを 同じセッションID ごとに連結して Webサーバへ中継し、 そのレスポンスをブロックに分割してリレーサーバへ送信すればよいことになります。

同じセッションID ごとに連結して Webサーバへ送信する処理が、 reqWeb です:

sub reqWeb {
    my ($id, $req) = @_;
    if (defined $WebHeap{$id} && $WebHeap{$id}->{connected}) {
        $WebHeap{$id}->{server}->put($req);
    } else {
        POE::Component::Client::TCP->new
            ( RemoteAddress => $WebHost,
              RemotePort    => $WebPort,
              Connected     => sub {
                  $WebHeap{$id} = $_[HEAP];
                  $WebHeap{$id}->{server}->put($req);
              },
              ServerInput   => sub {
                  $WebHeap{$id} = $_[HEAP];
                  &sendRes($id, $_[ARG0]);
              },
              Filter        => POE::Filter::Stream->new(),
              Disconnected  => sub {
                  &sendControl($id, 0);
              },
            );
    }
}

「POE::Component::Client::TCP->new」によって、 Webサーバと通信するための POEセッションを生成しています。 この reqWeb を実行しているのは、 リレーサーバとの通信を受け持つ POEセッションでしたが、 この POEセッションが新たに POEセッションを生成している点に注意してください。

新しく生成した POEセッションは、Webサーバと接続したとき (Connected)、
「$WebHeap{$id}->{server}->put($req);」を実行して リクエスト ($req) を Webサーバに送信します。 そして Webサーバからレスポンスを受信したとき (ServerInput)、 sendRes を実行します。

sub sendRes {
    my ($id, $res) = @_;
    $IdleTimer = $IdleTimerMax;
    if (defined $PollHeap && $PollHeap->{connected}) {
        for my $block (unpack "(a2048)*", $res) {
            $PollHeap->{server}->
                put(pack("nna*", $id, length($block), $block));
        }
    }
}

sendRes は Webサーバからのレスポンス ($res) を 2048バイトごとに分割し、 セッションID ($id) とデータ長 (length($block)) を付加した ブロックとしてリレーサーバに送信します。

以上をまとめたのが、relayagent スクリプト です。 ここで解説した機能の他、 http リクエストヘッダの Host: フィールドを書き換える機能も追加しています。

C 版の relayagent に比べると、 http レスポンスの書き換え機能や、 http 以外のプロトコルを通す機能などがない点や、 高負荷時の性能の検証が充分行なえていない点など、 そのまま実運用に使用するには難しい点もありそうですが、 少なくとも プロトタイピングなどの目的 (あるいは教育などの目的) ならば 充分使えそうです。

Filed under: システム構築・運用,プログラミングと開発環境 — hiroaki_sengoku @ 07:13
2007年1月15日

La Fonera (FON ソーシャルルータ) で VPN-Warp を使う hatena_b

La Fonera (FON ソーシャルルータ) って知っていますか?

FONは世界最大のWiFiコミュニティです。 誰もが「世界中どこからでもインターネットに無料で接続したい!」という 望みを持っているはずです。 そのようなメンバーが助け合ってWiFiを広めて行こう!ということを コンセプトに私たちは活動しています。 元々簡単なアイディアで始まったFONコミュニティ。 メンバーが作るWiFiインフラを用いて、 WiFiを世界中のどこからでも楽しめるようにしましょう!。
参加は簡単!FON取り扱い店でLa Foneraを購入して接続してスタートするだけ!

La Fonera は、FON のアクセスポイントであると同時に、 普通の (プライベートな) 無線LAN アクセスポイントとしても利用できます。 自宅などで無線LAN アクセスポイントを設置している人は多いと思いますが、 おそらくそのまま La Fonera で置き換えることが可能でしょう。

実際、私はそれまで使ってた 無線LAN ルータ WN-G54/R2 を La Fonera で置き換えてしまいました。 La Fonera が提供する二つのアクセスポイントのうち、 プライベート側を使えば、 自宅LAN に普通にアクセスできて、 いままで使っていた無線LAN ルータに比べて全く遜色ありません。 もちろん WPA2 (Wi-Fi Protected Access 2) 暗号化方式が使えます。

より正確に言うと、 La Fonera のプライベート側アクセスポイント (MyPlace) は、 自宅LAN とは異なるセグメントになります。 有線LAN と無線LAN 相互で自由に通信するためには、 多少の設定変更 (/etc/firewall.user に 2行ほど追加) が必要になります。

私の場合 WPA に対応していない古い無線LAN 端末 (Windows98マシン^^;) も 持っていて、 自宅の無線LAN を WEP から WPA2 に変更した (自宅LAN といえど、WEP を使うのはちょっと抵抗がありますよね?) 時点で、 お蔵入りにしていました。 La Fonera が提供するもう一つのアクセスポイント (パブリック側) を使えば、 直接自宅LAN へはアクセスできないもののインターネットへは接続できるし、 インターネット経由で自宅LAN に戻ってくる (もちろんインターネットからアクセス可能な部分に限定されますが) ことも可能なので、 La Fonera の導入によって古い無線LAN 端末も再び利用できるようになった、 というオマケがつきました。

さて、 この La Fonera で VPN-Warp が利用可能になったらどうなるでしょうか? 無線LAN ルータが VPN ゲートウェイの機能も持つわけです。 つまりインターネットに接続できる環境ならどこからでも、 自宅LAN へ手軽にアクセスできるようになります。

ここで La Fonera は固定 IP アドレスを持つ必要がないばかりか、 そもそもグローバルアドレスを持つ必要性すらない、 という点がミソです。 必要なことは、La Fonera からインターネットへ接続可能、ということだけです。 La Fonera をどこに設置しようと、 その設置した LAN に外部からアクセスすることができます。

以下は、La Fonera で VPN-Warp を使うようにするための手順です。 現状は多少の Linux の知識が必要となってしまうのですが、 要は relayagent プログラムを La Fonera にインストールするだけのことなので、 適切なインストーラさえ作ればいくらでも簡単な手順になることでしょう。 なので、難しそうだとあきらめるのではなく、 関心がある方はご連絡頂ければと思います。

まず La Fonera に ssh あるいはシリアルコンソールで ログインすることが必要となります。 おそらくこれが最大の難関でしょう (^^;)。

senri:/home/sengoku % ssh fonera
root@fonera's password:


BusyBox v1.1.3 (2006.11.21-19:49+0000) Built-in shell (ash)
Enter 'help' for a list of built-in commands.

 _______  _______  _______
|   ____||       ||   _   |
|   ____||   -   ||  | |  |
|   |    |_______||__| |__|
|___|

 Fonera Firmware (Version 0.7.1 rev 2) -------------
  *
  * Based on OpenWrt - http://openwrt.org
  * Powered by FON - http://www.fon.com
 ---------------------------------------------------
root@OpenWrt:~#

ログインさえ可能なら、あとはさほど難しくはありません。 まずネットワーク経由で La Fonera に relayagent を インストールするための準備をします。 具体的には、 以下のように /etc/ipkg.conf に「src gcd http://www.gcd.org/fonera」 を追加し、 「ipkg update」 を実行します。

root@OpenWrt:~# echo "src gcd http://www.gcd.org/fonera" >> /etc/ipkg.conf
root@OpenWrt:~# ipkg update
Downloading http://download.fon.com/release/fonera/0.7/packages/Packages
Updated list of available packages in /usr/lib/ipkg/lists/fon
Downloading http://www.gcd.org/fonera/Packages
Updated list of available packages in /usr/lib/ipkg/lists/gcd
Done.
root@OpenWrt:~#

http://www.gcd.org/fonera というのは、 私が最近始めた La Fonera 用の ipkg feed です。 つまり、上記のような設定をしておくと、 La Fonera にいろいろなソフトウェアを ネットワーク経由でインストールすることができるようになります。 もちろん ;-) VPN-Warp の relayagent も、 ここからインストールできます。 インストールに必要なコマンドは、 「ipkg install relayagent」だけです。 このコマンドを打ち込むだけで、 relayagent の実行に必要な OpenSSL ライブラリ等が 自動的にインストールされます。

root@OpenWrt:~# ipkg install relayagent
Installing relayagent (1.0.7) to root...
Downloading http://www.gcd.org/fonera/relayagent_1.0.7_mips.ipk
Installing libopenssl (0.9.8d-1) to root...
Downloading http://www.gcd.org/fonera/libopenssl_0.9.8d-1_mips.ipk
Installing zlib (1.2.3-3) to root...
Downloading http://www.gcd.org/fonera/zlib_1.2.3-3_mips.ipk
Configuring libopenssl
Configuring relayagent
Configuring zlib
Done.
root@OpenWrt:~#

次に、VPN-Warp の証明書をインストールします。 BIGLOBE の VPN ワープのページ などから入手した証明書とそのパスワードを記したファイルを、 La Fonera の /etc/warp ディレクトリへコピーしてください。 以下の実行例では relay,5000005.pfx が証明書のファイル、 relay,5000005-pass.txt がパスワードを記したファイルです。 5000005 というのは私が使用している証明書の番号なので、 実際に取得した証明書の番号で読み替えてください。

senri:/home/sengoku % echo "パスワード" > relay,5000005-pass.txt
senri:/home/sengoku % scp -p relay,5000005.pfx relay,5000005-pass.txt fonera:/etc/warp/
root@fonera's password:
relay,5000005.pfx                             100% 4856     4.7KB/s   00:00
relay,5000005-pass.txt                        100%    9     0.0KB/s   00:00

次が最後の難関で、 VPN-Warp の設定ファイルを作成します。 /etc/warp/relayagent.cfg.sample に設定ファイルのサンプルがあるので、 これを /etc/warp/relayagent.cfg へコピーして、 vi エディタで編集します。

root@OpenWrt:~# cd /etc/warp/
root@OpenWrt:/etc/warp# ls -l
-rw-------    1 root     root            9 Jan  9 04:09 relay,5000005-pass.txt
-rw-------    1 root     root         4856 Jan  9 04:09 relay,5000005.pfx
-rw-r--r--    1 root     root         3290 Jan  9 07:47 relayagent.cfg.sample
root@OpenWrt:/etc/warp# cp relayagent.cfg.sample relayagent.cfg
root@OpenWrt:/etc/warp# vi relayagent.cfg

設定ファイル relayagent.cfg の中に、以下のような部分があるので、
「relay,0000000」の数字の部分を実際に取得した証明書
(私の場合は「relay,5000005」) の番号で置き換えます。

#--------------------------------------------------------------------
#
# -x  PFX 形式 クライアント証明書を指定
# -X  同パスワードファイルを指定
#
#--------------------------------------------------------------------

-x "/etc/warp/relay,0000000.pfx"
-X "/etc/warp/relay,0000000-pass.txt"

以上で設定ファイルの作成が完了しました。 あとは La Fonera を再起動する (裏面のリセットスイッチを押す) だけです。 再起動する代わりに、起動スクリプトを実行することによって relayagent を起動することもできます。

root@OpenWrt:~# /etc/init.d/N50relayagent start
root@OpenWrt:~#

では、ブラウザで https://warp.klab.org へアクセスしてみましょう。 La Fonera にインストールした証明書と同じ証明書、あるいは その子証明書を使ってアクセスしてください。 La Fonera の Web 設定ページが表示されたら成功です。

Web 設定ページが表示されるのは、 先ほど作成した設定ファイル /etc/warp/relayagent.cfg に、

#--------------------------------------------------------------------
#
# <relay サーバ名:ポート番号>  <転送先ホスト名:ポート番号>
#
# ※-p オプション指定時は下記の意味となる
#
# <プロキシサーバ名:ポート番号> <転送先ホスト名:ポート番号>
#
#--------------------------------------------------------------------

warp.klab.org:443 localhost:80

と書いてあるからです。 「localhost:80」だから La Fonera 内蔵の WWW サーバ (つまり設定ページ) ですね。 「localhost:80」の部分を、 自宅LAN 内の適当なサーバの「アドレス:ポート」で置き換えれば、 そのサーバにアクセスできますし、 通常の VPN-Warp と全く同様に、 任意のサーバに接続するように設定することもできます。

Filed under: La Fonera,システム構築・運用 — hiroaki_sengoku @ 07:02
2006年11月30日

迷惑メール送信者とのイタチごっこを終わらせるために (2) hatena_b

DNS逆引きできないメールサーバからのメールを拒否するサイトが増えはじめ、 その弊害を指摘する声が上がっているようだ。

reject_unknown_clientは迷惑メール対策としておすすめではない」から引用:

迷惑メール対策として reject_unknown_client を紹介しているページは 多数みつかるのだが、 その弊害の大きさにまで言及しているページはほとんどないことがわかる。 これはあまりよくない傾向だ。そこで、ある程度説明をまとめておくことにする。

逆に言うと、弊害をきちんと理解していれば、 DNS逆引きの結果を迷惑メール判定に用いることは受信側の判断だろう。 DNS逆引きができないホストからメールを送らざるを得ないサイトにとっては 釈然としないところもあるとは思うが、 受け取らない権利があるのもインターネットである。
DNS逆引き設定の無いメールサーバからのメールをspam扱い」から引用:

うーん、自宅は固定IPアドレスにしているので、 追加で月額1050円也を払えば逆引きぐらい設定してもらえるのだが、 きっかけがどうにも癪だなぁ。
元はといえばSPAMMERが悪いのだけれど、 拒否するサーバ側もちょっと乱暴な気がする。
...
悪貨が良貨を駆逐してはいかんよなぁ。
SPAM地獄に陥っているmail Server管理者の気持ちはわかるんだけど...。

「癪だなぁ」という気持ちはとてもよく理解できるのであるが、 「悪貨が良貨を駆逐」というのは...? 「悪貨」は SPAMMER を指すとして、 「良貨」は何を指すのだろう? 逆引きできないメールサーバって「良貨」なのだろうか? 他者と通信するホストは、 基本的には DNS 逆引きできたほうがいいと思うのだが...

性善説が通用した牧歌的なインターネットの黎明期ならいざ知らず、 通信相手はまず疑ってかからなければ手痛い目に会うのが (それがいいことかどうかはさておき) 現代のインターネットである。 通信相手の素性は可能な限り収拾しておきたいし、 できれば ssh や SSL認証のような認証を行なって、 通信相手が間違いなく意図した通りの相手であることを確認したい。

しかし残念ながらメール配送は、いまだ認証無しの通信が大多数を占める。 通信は相手あってのものだし、 特にメールは不特定多数からの通信を受付けなくては機能しない。 一方的に、 「認証無しの接続は受付けません」と主張したところで得るものはあまり無い。 だから完全な認証は棚上げせざるを得ないが、 不十分であっても通信相手の素性が分かる方法は総動員したいところだ。 そして、素性を調べる手段として DNS逆引きは、ある程度の合理性を持つ。
逆引き判定」から引用:

spam をたくさん送ってくる中国韓国あたりは そもそも逆引きを設定する習慣があまりないようで、 このチェックによってこれらの国からの spam を多数撃墜できるのは事実である。 しかしそれは逆引きを設定する習慣がない国と spam を送ってくる国がたまたま重なっているだけにすぎない。 spam を送ってくるホストはとうぜんまともな管理はされていないだろうが、 まともに管理されているホストに逆引きがないというのもふつうに存在する (何をもってまともとするかの定義も曖昧だが)。

「まともに管理されているホストに逆引きがないというのもふつうに存在する」 のは事実だと思うが、 「まともに管理している」ということを通信相手に伝える努力は すべきではないだろうか? 通信はお互いの協力があって初めて成り立つものであるから、 spammer と区別してもらうための努力もせずに、 spammer と一緒にするなと叫んでいるだけでは解決にならない。 もちろん、spammer と区別してもらう方法が DNS逆引きの設定だけであると 主張するつもりはない。 送信側と受信側、双方にとって最も合理的な判別法を選択していくべきであろう。

もし、逆引きを設定することは、 送信側にとってコストがかかる (例えば「追加で月額1050円也を払う」) ので採用したくない、 とお考えのかたがいたら、 そもそもなぜ迷惑メールが蔓延しているのか考えてみて頂きたい。

つまり、迷惑メールは際限無く増大しているのに、 なぜダイレクトメール (つまり宣伝目的で送られる郵便物) はそれほど増えないのか。 言うまでもなく郵便物は送信するのにコストがかかるからだ。 送信側と受信側のコスト負担がアンバランスだったことこそが、 迷惑メールがここまで社会問題化した最大の理由である。 送信側に応分の負担を求めること、 すなわち送信側に身の潔白 (つまり、まともに管理しているということ) を証明する コストを支払わせることこそが根本的な解決策となるのだと思う。

Filed under: システム構築・運用 — hiroaki_sengoku @ 07:24
2006年11月11日

ADSLモデム Aterm WD735GV の WAN 側 IP アドレスを取得する方法

ケータイのキャリアを WILLCOM に変えたついでに、 自宅のバックアップ回線も WILLCOM に変更した (メインの回線は Bフレッツ)。 マルチパック割引につられた (^^;) ため。 ケータイとの抱き合わせ割引でなくても フレッツより安い らしい。 普段はほとんど使わない (死活確認パケットを飛ばすだけ) バックアップ回線なので、 1円でも安いほうが助かる。

そして MNP が巷を賑わす昨今、なぜ MNP 対象外の WILLCOM かというと、 W-ZERO3[es] が 使いたかったから (^.^) であるが、 eメールの送受信と PHSへの通話が全て 定額料金に含まれるというのもうれしい。 おかげで一ヶ月の電話代が半額になった。

ウィルコムADSLサービスは、 アッカ・ネットワークスの ADSL サービスを使っていて、 アッカでは市販モデムを利用できるサービスは行なっていないという。 つまりアッカが(ウィルコムユーザ向けに) レンタルするモデムを使えということ。 それまで使っていたモデム (買い取り) が無駄になってしまうし、 このレンタルモデムはモデムといいつつルータ機能まで含んでいるので、 バックアップ回線として使いにくい機器だと困るなぁと躊躇したのも事実だが、 月額費用が 2000円ほど安くなる (モデムが買い取り可能ならもっと安くなるのに...) という誘惑には勝てず、乗り換えてしまった。

私が何のためにバックアップ回線を契約しているかというと、 メイン回線が落ちたときにも、 外部から自宅のサーバへログイン可能とするためである。 だから IP アドレスが固定割当てでないのであればダイナミックDNS などの 仕掛けを併用して、 外部からアクセスする際の IP アドレスが常に調べられなければならない。 反面、内部から外部へのアクセス (つまりいわゆる一般的なインターネットの利用法) には全くといっていいほど使用しないわけで、 普通の ADSLサービスの利用方法とは大きく異なる。 レンタルルータ込みのサービスだと、 提供側が想定する「標準的な」利用方法を「押し付けられる」リスクがあるわけで、 なるべくなら利用したくない、という思いがあった。 まあ、後述するようにそれは杞憂だったのであるが。

届いたレンタルモデム WARPSTAR Aterm WD735GV をいろいろいじっていると、 PPPoE パケットをスルーして、 ルータ機能を使わないことも可能であることがわかり一安心。 PPPoE の認証のとき必要となるログインID とパスワードも、 レンタルモデムから無事読み出すことができた。 というわけでしばらく (数日ほど) モデムとしてのみ使っていたのであるが、 レンタルモデムにルータ機能がついているのなら それを使いたくなるのが技術者のサガだろう。

ただし、外部からログイン可能、という条件だけは譲れない。 バックアップ回線としての唯一の存在意義だからだ。 それまで使っていたルータは、ダイナミックDNS サービスに対応していたので、 gcd.iobb.net を DNS で引けばルータの WAN 側の IP アドレスを 取得することができた。 今回のレンタルモデムには、少なくともマニュアルには、 WAN 側の IP アドレスを取得する方法は書かれていないし、 「クイック設定Web」インタフェースを見ても WAN 側の IP アドレスを取得できるページは見当たらない (「通信情報ログ」以外は)。

もちろん、このレンタルモデムを経由して外部にアクセスすれば、 WAN 側の IP アドレスが送信元アドレスとなるパケットが飛ぶので、 それをもとにダイナミックDNS に登録してくれるサービスがあれば いいのであるが、 そういったダイナミックDNS サービスを見つけるより、 WAN 側の IP アドレスを取得する方法を見つけるほうが早かった。

さてどうしたものか、と思って ダイナミックDNSサービス iobb.net のプロトコルを調べるためにダンプしておいた Aterm WD735GV との通信内容を眺めていると、 Aterm WD735GV が送信したマルチキャスト パケットを見つけた:

17:13:16.645897 IP (tos 0x0, ttl   4, id 2784, offset 0, flags [DF], length: 298) 192.168.1.251.1900 > 239.255.255.250.1900: [udp sum ok] UDP, length: 270
        0x0000:  4500 012a 0ae0 4000 0411 b845 c0a8 01fb  E..*..@....E....
        0x0010:  efff fffa 076c 076c 0116 484b 4e4f 5449  .....l.l..HKNOTI
        0x0020:  4659 202a 2048 5454 502f 312e 310d 0a48  FY.*.HTTP/1.1..H
        0x0030:  4f53 543a 2032 3339 2e32 3535 2e32 3535  OST:.239.255.255
        0x0040:  2e32 3530 3a31 3930 300d 0a4e 543a 2075  .250:1900..NT:.u
        0x0050:  706e 703a 726f 6f74 6465 7669 6365 0d0a  pnp:rootdevice..
        0x0060:  4e54 533a 2073 7364 703a 616c 6976 650d  NTS:.ssdp:alive.
        0x0070:  0a55 534e 3a20 7575 6964 3aXX XXXX XXXX  .USN:.uuid:XXXXX
        0x0080:  XXXX XXXX XXXX XXXX XXXX XXXX 3a3a 7570  XXXXXXXXXXXX::up
        0x0090:  6e70 3a72 6f6f 7464 6576 6963 650d 0a43  np:rootdevice..C
        0x00a0:  4143 4845 2d43 4f4e 5452 4f4c 3a20 6d61  ACHE-CONTROL:.ma
        0x00b0:  782d 6167 653d 3132 300d 0a4c 6f63 6174  x-age=120..Locat
        0x00c0:  696f 6e3a 2068 7474 703a 2f2f 3139 322e  ion:.http://192.
        0x00d0:  3136 382e 312e 3235 313a 3238 3639 2f75  168.1.251:2869/u
        0x00e0:  706e 702f 726f 6f74 6465 7669 6365 2e78  pnp/rootdevice.x
        0x00f0:  6d6c 0d0a 5345 5256 4552 3a20 4947 442d  ml..SERVER:.IGD-
        0x0100:  4854 5450 2f31 2e31 2055 506e 502f 312e  HTTP/1.1.UPnP/1.
        0x0110:  3020 5550 6e50 2d44 6576 6963 652d 486f  0.UPnP-Device-Ho
        0x0120:  7374 2f31 2e30 0d0a 0d0a                 st/1.0....

こんな、家庭用の安物ルータ (しかもモデムと称している) でさえ UPnP (Universal Plug and Play) をサポートしているような時代になったとは... シリアルケーブルでつないだ端末でルータ設定をしていたころが懐かしい... という感慨はサテオキ、 まずは 読みやすいように整形してみる (Universally Unique Identifier の部分は伏せ字)。

NOTIFY * HTTP/1.1
HOST: 239.255.255.250:1900
NT: upnp:rootdevice
NTS: ssdp:alive
USN: uuid:XXXXXXXXXXXXXXXXX::upnp:rootdevice
CACHE-CONTROL: max-age=120
Location: http://192.168.1.251:2869/upnp/rootdevice.xml
SERVER: IGD-HTTP/1.1 UPnP/1.0 UPnP-Device-Host/1.0

機器の詳細は、http://192.168.1.251:2869/upnp/rootdevice.xml を見よ、 と言っているのでアクセスしてみると、 レスポンス中に次のような記載がある:

<service>
<serviceType>urn:schemas-upnp-org:service:WANPPPConnection:1</serviceType>
<serviceId>urn:upnp-org:serviceId:WANPPPConn1</serviceId>
<controlURL>/upnp/control/WANPPPConn1</controlURL>
<eventSubURL>/upnp/event/WANPPPConn1</eventSubURL>
<SCPDURL>/upnp/WANPPPConn1.xml</SCPDURL>
</service>

実は UPnP を使うのはこれが初めてだったりする (^^;) のだが、 WANPPPConn1 という名称からしておそらくこれが「接続先1」を意味するのだろう。 サービスの詳細は、SCPDURL に書いてある URL を見ればよいのだろうと、 http://192.168.1.251:2869/upnp/WANPPPConn1.xml にアクセスしてみると、 GetExternalIPAddress というメソッドがあることが分かる:

 <action>
  <name>GetExternalIPAddress</name>
  <argumentList>
   <argument>
    <name>NewExternalIPAddress</name>
    <direction>out</direction>
    <relatedStateVariable>ExternalIPAddress</relatedStateVariable>
   </argument>
  </argumentList>
 </action>

試しに呼び出してみる:

#!/usr/bin/perl
use SOAP::Lite;
my $soap = SOAP::Lite
    ->ns('urn:schemas-upnp-org:service:WANPPPConnection:1')
    ->proxy('http://192.168.1.251:2869/upnp/control/WANPPPConn1');
my $som = $soap->GetExternalIPAddress();
my $ip = $som->valueof('//GetExternalIPAddressResponse/NewExternalIPAddress');
print "$ip\n";

するとあっさり Aterm WD735GV の WAN 側 IP アドレスを取得できてしまった。

use SOAP::Lite;」の部分を、 「use SOAP::Lite +trace => debug;」に変更すると、 http リクエストとレスポンスの内容を見ることができる。 これを真似して http リクエストを手で打ってみる (やはり、どんなプロトコルでも一度は手で打ってみないと... ^^;) と、こんな感じ:

% telnet 192.168.1.251 2869
Trying 192.168.1.251...
Connected to 192.168.1.251.
Escape character is '^]'.
POST /upnp/control/WANPPPConn1 HTTP/1.1
Host: 192.168.1.251:2869
Accept: text/xml
Accept: multipart/*
Accept: application/soap
Content-Length: 503
Content-Type: text/xml; charset=utf-8
SOAPAction: "urn:schemas-upnp-org:service:WANPPPConnection:1#GetExternalIPAddress"

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<soap:Envelope
 xmlns:namesp1="urn:schemas-upnp-org:service:WANPPPConnection:1"
 xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
 xmlns:soapenc="http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/"
 xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"
 soap:encodingStyle="http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/"
 xmlns:soap="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
<soap:Body>
 <namesp1:GetExternalIPAddress xsi:nil="true" />
</soap:Body>
</soap:Envelope>

HTTP/1.1 200 OK
CONTENT-LENGTH: 423
CONTENT-TYPE: text/xml; charset="utf-8"
SERVER: IGD-HTTP/1.1 UPnP/1.0 UPnP-Device-Host/1.0
EXT:

<?xml version="1.0"?>
<SOAP-ENV:Envelope xmlns:SOAP-ENV="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" SOAP-ENV:encodingStyle="http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/">
        <SOAP-ENV:Body>
                <m:GetExternalIPAddressResponse xmlns:m="urn:schemas-upnp-org:service:WANPPPConnection:1">
                        <NewExternalIPAddress>222.147.27.89</NewExternalIPAddress>
                </m:GetExternalIPAddressResponse>
        </SOAP-ENV:Body>
</SOAP-ENV:Envelope>

たかがルータの IP アドレスを取得するために、 これだけ沢山のデータをやり取りするのもどうかと思うが...

Filed under: システム構築・運用,ハードウェアの認識と制御 — hiroaki_sengoku @ 08:23
2006年11月4日

ダイナミックDNSサービス iobb.net

ダイナミックDNS というと RFC 2136 で定められている 「Dynamic Updates in the Domain Name System (DNS UPDATE)」がまず思い浮かぶ。 自宅のバックアップ回線 (ADSL) 用として使っている無線LANルータ WN-G54/R2 は、 「アイ・オーが提供する無料ダイナミックDNSサービス iobb.net 対応」と 書いてあるので、 てっきり DNS UPDATE 方式なのだと思っていた。

ADSL 回線を、NTT東日本の フレッツ・ADSL から、 ウィルコムADSLサービス に切り替える (バックアップ回線なのでコスト最優先) にあたって、 以前使っていた ADSL モデムはアッカ回線に適合しないようなので、 素直にウィルコムのレンタルモデムを使うことにした。 ところが、このレンタルモデム「Aterm WD735GV」には、 ルータ機能もついている。

ウィルコム曰く、 「ウィルコムADSLサービスのレンタルモデムは、 あらかじめお客さまのログインIDとパスワード等が設定されています」、 ということだそうで、 ログインIDとパスワードは教えてもらえない。 教えてもらわないことにはレンタルモデム以外のルータを使えないのだが、 サポートに電話して教えてもらうのも面倒だったので、 このレンタルモデムの「クイック設定Web」の「接続先設定」画面にて、 ログインIDとパスワードを変更せずに「設定」ボタンを押してみたら、 パスワードが平文で POST されたので、 リクエストボディを観察するだけでパスワードを知ることができた。

レンタルモデム WD735GV の「PPPoEブリッジ」機能を使えば、 WD735GV を単なる ADSL モデムとして使うこともできるし、 実際まずは ADSL モデムだけ入れ替えて ルータは元の WN-G54/R2 のまま使っているのだが、 ADSL モデムにルータ機能があるのなら それを使いたくなるのが人情というものであろう。 機器の数を減らせばそれだけ故障する確率も減らすことができる。

しかし、PPPoE 接続を WD735GV に行なわせると、 WN-G54/R2 のダイナミックDNS 機能が利用できなくなってしまう。 iobb.net 以外のダイナミックDNSサービスに乗り換えれば済む話なのであるが、 せっかく iobb.net に対応した機器を使っているのに iobb.net を使わないのは モッタイナイと思ってしまったので、 とりあえず iobb.net に対して RFC 2136 で定められている DNS UPDATE パケットを 飛ばしてみた... が何の反応もない。

無闇矢鱈にテストパケットを飛ばしていては怒られそう (^^;) なので、 ADSLモデム (つまり Aterm WD735GV) と無線LANルータ (WN-G54/R2) との間に Linux ブリッジをはさんで iobb.net への通信 (つまり PPPoE セッション) を tcpdump でダンプしてみた。 すると...

# brctl addbr br0
# brctl addif br0 eth0
# brctl addif br0 eth2
# ifconfig br0 up
# ifconfig eth0 up
# ifconfig eth2 up
# tcpdump -i br0 -s 1500 -vvv -X
tcpdump: WARNING: br0: no IPv4 address assigned
tcpdump: listening on br0, link-type EN10MB (Ethernet), capture size 1500 bytes
        ...
17:13:20.954864 PPPoE  [ses 0x1e10] IP (tos 0x0, ttl 150, id 2, offset 0, flags [none], length: 228) 60.38.65.147.31602 > XXX.XXX.XXX.XXX.http: . [tcp sum ok] 1:189(188) ack 1 win 5656
        0x0000:  1100 1e10 00e6 0021 4500 00e4 0002 0000  .......!E.......
        0x0010:  9606 b91e 3c26 4193 XXXX XXXX 7b72 0050  ....<&A.XXXX{r.P
        0x0020:  0361 fb73 903f 4510 5010 1618 0ce3 0000  .a.s.?E.P.......
        0x0030:  4745 5420 2f63 6769 2d62 696e 2fXX XXXX  GET./cgi-bin/XXX
        0x0040:  XXXX XXXX XXXX XXXX XXXX XXXX XXXX XXXX  XXXXXXXXXXXXXXXX
        0x0050:  XXXX XXXX 2e63 6769 3f68 6f73 743d 6763  XXXX.cgi?host=gc
        0x0060:  642e 696f 6262 2e6e 6574 266d 7969 703d  d.iobb.net&myip=
        0x0070:  3630 2e33 382e 3635 2e31 3437 2048 5454  60.38.65.147.HTT
        0x0080:  502f 312e 300d 0a48 6f73 743a 20XX XXXX  P/1.0..Host:.XXX
        0x0090:  XXXX XX2e 696f 6262 2e6e 6574 0d0a 5573  XXX.iobb.net..Us
        0x00a0:  6572 2d41 6765 6e74 3a20 574e 4735 3452  er-Agent:.WNG54R
        0x00b0:  322f 312e 320d 0a41 7574 686f 7269 7a61  2/1.2..Authoriza
        0x00c0:  7469 6f6e 3a20 4261 7369 6320 XXXX XXXX  tion:.Basic.XXXX
        0x00d0:  XXXX XXXX XXXX XXXX XXXX XXXX XXXX XXXX  XXXXXXXXXXXXXXXX
        0x00e0:  XXXX XXXX XXXX XXXX 0d0a 0d0a            XXXXXXXX....

何のことはない、IP アドレスを登録するための Web ページを アクセスしているだけだった。 登録するホスト名と IP アドレスを、 それぞれ「host=」「myip=」パラメータで CGI へ渡し、 認証は Basic 認証を使っている (上記ダンプ中、URL の一部および認証文字列は伏せ字にした)。

したがって curl コマンドなどを使って、 ダイナミックDNSサービスに ホスト名と IP アドレスを登録することができる。

curl --interface eth0:1 --user-agent 'WNG54R2/1.2' --user 'XXXXXXXXXXXX:XXXXXXXX' 'http://XXXXXX.iobb.net/cgi-bin/XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.cgi?host=gcd.iobb.net&myip=60.38.65.147'
Filed under: システム構築・運用 — hiroaki_sengoku @ 07:25
2006年10月16日

迷惑メール送信者とのイタチごっこを終わらせるために (1) hatena_b

迷惑メール (UCE, UBE, スパム メールなどとも呼ばれる) が沢山届いて困る、 というのはメールアドレスを公開している人にとって共通の悩みのタネであるはず。 SpamAssasin などの メールフィルタを使っている、というかたも多いだろう。

しかしながら、メールの内容を見て迷惑メールか否かを判断するフィルタでは、 迷惑メール送信者とのイタチごっこは避けられない。 送信者は迷惑メールと判断されないよう、 どんどん内容を巧妙に変化させていくからだ。 例えばフィルタリングアルゴリズムとしてよく使われる ベイジアン フィルタ(Bayesian Filter) は、 ワード サラダ (Word Salad) を食わされることによって精度が落ちてしまう。

したがって 迷惑メール送信者とのイタチごっこに終止符を打つには、 迷惑メール送信者が変更できない情報にのみ依存した 迷惑メール判定方法を用いるしかない。

迷惑メール送信者が変更できない情報とは、つまり 送信元 IP アドレスである。 そんなものはプロバイダ (ISP, Internet Service Provider) を 変更すれば変えられる、 と言われればその通りなのであるが、 単に別のアドレスに変えられるというだけであって、 望み通りのアドレスに変更できるわけではない。

例えば私が使っているメールサーバの IP アドレスは 60.32.85.220 であるが、 送信元 IP アドレスとしてこのアドレスを使える人は特定少数の人のみであり、 この IP アドレスから迷惑メールが送信されるような事態は、 まず起きないと言えるし、 万一「特定少数」のうちの誰かが迷惑メールを送るようなことがあれば、 直ちに止めさせることができる。

この IP アドレスからは迷惑メールを送信させない、というポリシーでもって 運用されている IP アドレスは数多い。 きちんと運用されているサイトの多くが同様のポリシーで運用されていることだろう。 だからそのような、「きちんと管理された」IP アドレスから送信された メールのみ受付け、 迷惑メールの送信元となる可能性がある IP アドレスからのメールを拒否すればよい。

つまり IP25B (Inbound Port 25 Blocking) である。 既に IP25B を実施しているプロバイダ もあるようであるが、 インターネットにおける通信は end-to-end を基本にすべきであって、 通信インフラを提供する側であるプロバイダが、 他のプロバイダと連係して IP25B を実施することについては違和感を覚えなくもない。

もちろん沢山ある IP アドレスの全てについて、 きちんと管理されているか否かを調べ上げることは困難であるが、 迷惑メールを送ってくる IP アドレスというのは実はそんなに多くはない。 私のサイト宛に迷惑メールを送ってきた IP アドレスを、 私は数年間にわたって記録しているが、 大多数は、ダイアルアップと思しき IP アドレスであり、 しかも、いくつかの国に集中している。

ここでいう「ダイアルアップ IP アドレス」とは、 個人ユーザがプロバイダと契約してインターネットに接続するときに、 プロバイダから割当てられる IP アドレスを指す。 「ダイアル」して接続する場合だけでなく、ADSL 等による接続も含む。 多くの場合、接続が切れるたびに異なる IP アドレスが割当てられるが、 固定的な IP アドレスが割当てられている場合もある。

このような IP アドレスは、 逆引きしても、「P061198164231.ppp.prin.ne.jp」といったような プロバイダ名しか分からないような「匿名」ホスト名しか得られないか、 あるいはそもそも逆引きが設定されていないケースが大半である。 ちなみに「P061198164231.ppp.prin.ne.jp」というホスト名は、 数字の部分を三桁づつ区切ると「061」「198」「164」「231」になり、 このホスト名に対応する IP アドレス「61.198.164.231」から 規則的に名付けられたホスト名であることが分かる。

多くのプロバイダにおいて、 「ダイアルアップ IP アドレス」には、 このような規則的に命名されたホスト名がつけられているようだ。 逆に言うと、 逆引きして規則的なホスト名が得られたときに、 その IP アドレスを「ダイアルアップ IP アドレス」と見なすことは、 ある程度の合理性を持つ。

「規則的なホスト名」=「ダイアルアップ」という認識が広まるにつれ、 ダイアルアップ以外の IP アドレスには、 規則的でないホスト名をつける風潮が強まるだろう。 実際、 私が知っているあるデータセンタは、顧客が使用する IP アドレスに、 規則的ではないホスト名をつけるよう推奨している。

したがって、メールの送信元 IP アドレスを逆引きしたときに、 規則的なホスト名が得られたら、 そのメールは高い確率で迷惑メールと予測できる。 他の迷惑メール判別方法と組合わせ、 送信元が規則的なホスト名であることを必須条件とすれば、 排除するメールを迷惑メールのみに限定する (つまり false positive の可能性をほぼゼロにする) ことが可能となる。

一方、逆引きしたとき規則的でないホスト名が得られたら、 そのメールは十中八九、マトモなメールである。 仮に迷惑メールだったのなら、 ホスト名を元にその管理主体がどんな組織であるかある程度想像つくだろうから、 迷惑メール対策が期待できそうなら連絡すればよいし、 その組織からのメールを受け取る必要がなければ、 以後受け取りを拒否すればよい。

したがって問題となるのは逆引きができない場合である。 逆引きを設定していないような管理不十分なサイトからのメールは受け取らない、 と言ってしまえるのなら楽なのであるが、 残念ながら逆引きを設定していないサイトは数多い。 その全てからのメールを拒否してしまうと、 必要なメールまで失いかねない。

そこで役に立つのが自前のブラックリスト/ホワイトリストである。 今まで受け取ったメールを集計して、 迷惑メールしか送ってこない送信元 IP アドレスはブラックリストに載せ、 必要なメールを送ってくる送信元 IP アドレスはホワイトリストに載せる。 そして、ブラックリストに載っている IP アドレスから送られてきたメールは 「ダイアルアップ IP アドレス」に準じる扱いにし、 ホワイトリストに載っている IP アドレスから送られてきたメールは、 迷惑メール判定をスキップして無条件に受け取るようにする。

今まで受け取ったメールを全て保存していれば、 ブラックリスト/ホワイトリストを作るのは容易だろう。 が、マトモなメールならいざ知らず、 迷惑メールまでも全て保存している人は稀かも知れない。 迷惑メールを受け取ったら、 内容を保存するかどうかはともかく、 送信元 IP アドレスだけは記録するようにしておきたい。

とりあえずお手軽にブラックリストを使って、 逆引きできない送信元 IP アドレスを分別してみたいというかたのために、 私が個人的に使用しているブラックリストを公開する。 送信元 IP アドレスが A.B.C.D であるとき、 D.C.B.A.rbl.gcd.org の TXT レコードが引けたなら、 その IP アドレスはブラックリストに載っている。 例えば IP アドレス 127.0.0.2 がブラックリストに載っているか調べるには、

% host -t txt 2.0.0.127.rbl.gcd.org
2.0.0.127.rbl.gcd.org text "Listed 127.0.0.2"

などと DNS 問合わせを行なえばよい。 "Listed 127.0.0.2" などの結果が返ってくれば ブラックリストに載っていることを意味し、 NXDOMAIN つまりレコードが存在しないという結果が返ってくれば ブラックリストに載っていないことを意味する。 私はこのブラックリストを利用した迷惑メール判別フィルタを用いることによって、 私のメールボックスに届く迷惑メールのほとんど全てを排除できている。

前述したように、 このブラックリストはあくまで送信元 IP アドレスが逆引きできないときに限り 利用することを想定している。 逆引き可能な IP アドレスに対してこのブラックリストを利用した場合に 得られる結果は無意味であるので注意して欲しい。 また、もちろん利用は at your own risk でお願いしたい。 このブラックリストに対するご意見は歓迎するが、 このブラックリストを利用したことによって、 あるいは利用できないことによって発生するいかなる損害に対しても 私は責任を負わない。 この条件に同意して頂けるかたにのみ、 このブラックリストの利用を許諾する。

Filed under: システム構築・運用 — hiroaki_sengoku @ 06:48
2006年10月5日

グループウェア・サーバを社内に置こう! hatena_b

何をいまさら、という声が聞こえてきそうですが、 社内からの情報漏洩が問題となっている今だからこそ、 あらためて社内情報を扱うサーバを、 社内LAN に置くことの重要性を訴えたいと思います。

もともと、グループウェアといえば社内のサーバに置くのが当たり前だったのですが、 いろいろな情報がグループウェアに蓄積されるにつれ、 社内からだけでなく、社外にいるときもグループウェアにアクセスしたい、 というニーズが高まってきました。

グループウェアを社外からも利用するには、 サーバをどこに置くかで分類すると、 次の 3 通りの方法があります。

  1. 社内LAN に置く
    ファイアウォールに穴をあけて社内のサーバへアクセスできるようにするか、 あるいは VPN などの方法で社内からのアクセスを社内へ導く方法です。 正規のアクセス以外の、招かざる客を確実に排除できなければなりません。
  2. DMZ 上に置く
    社外からもアクセスできる非武装地帯 (DMZ) にサーバを置く方法です。 ファイアウォールで守られない場所に置くのですから、 サーバは自分自身を守ることができなければなりません。
  3. 社外に置く
    他社が提供するグループウェアASP サービスを利用する方法です。 情報管理を他人任せにできるので一番手間がかかりませんが、 万一情報漏洩が起きたときに誰が責任をどうやって取るのか、 契約等ではっきり決めておかないとトラブルの種となるでしょう。

いずれも一長一短があるので、いちがいにどれがいいとは言えませんが、 それぞれどのようなリスクがあるかきちんと把握した上で利用することが重要ですね。

手軽さだけで言えば、もちろん 方法3 が一番簡単なのですが、 手軽なだけにリスク管理が出来ていない人が利用すると、 情報のダダ漏れが起きます。

【警告】Googleカレンダーで情報流出? から引用:

無防備な人が多いには驚きます。 Googleカレンダーで、 まるでソーシャルブックマークみたいに公開設定をしている人が何人もいます。 実に詳細な仕事のスケジュールが公の場にさらされており

ということも実際に起きているようです。

じゃ、公開設定しなければ安心か、というとそうとも言えません。 別に ASP サービスを提供している会社を信用しないわけではないのですが、 サーバに情報をため込めば、サーバの運用管理を行なう過程で、 どうしたってその情報が漏れるリスクはあります。 万一漏れたときに ASP サービス提供会社がどう責任をとってくれるのか、 確認しておきたいところです。

他人任せにするのは、どうも気持ち悪い、という場合は 方法1 あるいは 方法2 を選択することになります。 方法2 は、ASP サービス提供会社が行なっているのと同等のことを 自社で行なうイメージですね。 自社で運用するので、情報漏洩が起きたときの責任の所在ははっきりしていて いいのですが、 どうやって外部からの攻撃を防ぐかが問題となります。

インターネット上でサーバを安全に運用することが困難だからこそ、 各種 ASP サービスが提供されているわけで、 きちんとしたサーバ運用管理体制を整えずに運用したりすると、 あらゆる攻撃を受けて侵入されてしまうかも知れません。 また、サーバそのものは運用できていても、 グループウェアの側に脆弱性があって、漏洩事故が起きてしまうケースもあります。 そもそも、きちんとサーバを運用できるだけの体制を整えられるのなら、 ASP サービスの提供側になったほうがよさそうです。

と、いうわけで結論は、方法1 の「グループウェア・サーバを社内に置こう!」です。 この方法のいいところは、社内で使っているグループウェア・サーバを、 変更なしにそのまま使えるという点で、 気をつけなければならないのは、正規のアクセス以外の不正侵入を どうやって確実に排除するか、という点です。

社内で使っているグループウェア・サーバをそのまま使うわけですから、 何らかの脆弱性があることを前提としなければなりません。 脆弱性がないなら DMZ に出しておけるわけで、 社内に置く最大のメリットは、多少の脆弱性は許容できるという点にあります。 だから、 正規ユーザ以外からのアクセスは決して、 社内サーバに到達できないようにしなければなりません。

では、どうやって不正アクセスを排除すればいいのでしょうか? ファイアウォールに穴を開ける方法にせよ、 VPN を使う方法にせよ、 何らかの「入口」を設置して、 そこで正規アクセスと不正アクセスを選別することになりますが、 この「入口」を適切に運用管理することは結構大変です。 不正アクセスを試みる人は、なんとかこの「入口」をだまして 通ろうとするわけで、 「入口」をきちんと運用管理する体制を整えなければなりません。

あれ? 結局これでは 方法2 と同じですね?

そこで、「VPNワープ」です (我田引水... ^^;)。 VPNワープは、この「入口」を提供する ASP サービスなんです。 グループウェア・サーバ自体は社内に置いて情報漏洩のリスクを抑えつつ (方法1 の長所)、 「入口」の運用管理だけ他社 (つまり KLab) 任せにして手軽さも確保する (方法3 の長所)、 方法1 と 方法3 のいいとこどりの「入口ASP」、それが VPNワープです。

今月末まで無料スタートキャンペーン中ですので、 ぜひこの「入口ASP」をお試し下さい。 BIGLOBE会員のかたは、「エージェント」と「SSL証明書」を ダウンロードするだけで利用できますし、 BIGLOBE会員でないかたも、 初期費用・月額費用が無料の 「コンテンツ」コースに入会すれば、 すぐ VPNワープをお試し頂くことが可能です。

Filed under: システム構築・運用 — hiroaki_sengoku @ 13:56
2006年9月23日

設定10分、月額525円の「VPNワープ」を BIGLOBE と共同で提供開始 hatena_b

昨日、NECビッグローブ株式会社と 共同で、BIGLOBE法人会員および個人会員向けに 「VPNワープ」の提供を 開始しました。 これまで VPN-Warp 入門編 6回、応用編 3回を書き綴ってきましたが、 「VPNワープ」サービス 開始により、 より多くの方に手軽に VPN-Warp を使って頂けるようになったと思います。

なお BIGLOBE会員でないかたも 初期費用・月額費用が無料の 「コンテンツ」コースに入会すれば、 VPNワープをご利用頂くことが可能です。

「設定10分ですぐ使える SSL VPN」を目指して、 「VPNワープ」で提供するリレー・エージェントは、 relayagent フリーダウンロード で公開しているものより、 さらに簡単な「簡易インストール方式」を採用しています。 10分で設定できるかは、もちろん個人差があるとは思いますが (^^;)、

  1. VPNワープのページの 管理者メニューの「購入」を選ぶ
    (現在、無料スタートキャンペーン実施中につき、10月末まで無料)
    指示にしたがって進んでいくと、 証明書 relay,4000017.pfx (数字の部分はユーザごとに異なります) が ダウンロードできるので、これをダブルクリックしてインポートする
  2. 「リレー・エージェント」インストール用プログラムをダウンロード
    このプログラム VPN-Warp_RelayAgent_Setup_Biglobe.exe をダブルクリックすると 「VPN ワープ relay エージェント(Biglobe版)」ウィザードが開くので、 以下のように、ウィザードの指示に従って必要項目を入力していく
    • イントラネットの Web サーバをアクセスするときの URL のサーバ名部分 (例えばトップページのURLが「http://intra/index.html」であれば「intra」) を入力
    • 証明書ストア内の証明書の一覧が表示されるので、 その中から 1. でインポートした証明書 (上述の例では relay,4000017) を 選択する
    • Windows にログオンするときのパスワードを入力 (リレー・エージェントが証明書ストアにアクセスする際、 ユーザ権限で Windows にログオンする必要があるため)
    • 「インストール」ボタンを押すと、インストールが行なわれ、 「relay エージェントサービスを開始しますか?」という 問合わせが表示されるので「はい」を押す

これだけで、証明書をインポートずみの PC であれば、ブラウザから
「https://biglobe.klab.org/」へアクセスするだけで
イントラネットの Web サーバにアクセスすることができるようになります。

「VPNワープ」で提供するリレー・エージェントも、 本ブログ上で公開している relay agent も、 相互に互換性がありますので、 「VPN ワープ」にて本ブログ上で公開している relay agent を使うことも可能です。 ただしこの場合、BIGLOBE への問い合わせはご遠慮下さい。 本 VPN-Warp ブログで公開している relay agent は、 本ブログの読者のかた限定で公開しているものであり、 この relay agent を使った際に生じた問題等は、 本ブログに対するコメント等で問い合わせて頂きたいと思います。

  • 入門編 (1) VPN-Warp の特長: ふつうの SSL VPN と比べて
  • 入門編 (2) VPN-Warp の特長: ssh のポートフォワードと比べて
  • 入門編 (3) stone & relayagent の設定方法
  • 入門編 (4) stone の代わりに OpenSSL の s_client を使ってみる
  • 入門編 (5) stone の代わりに普通の WWW ブラウザを使ってみる
  • 入門編 (6) WWW ブラウザを使う場合の注意点
Filed under: システム構築・運用 — hiroaki_sengoku @ 08:46
2006年7月25日

イントラの「ファイル共有」を社外からアクセスする方法 (VPN-Warp 応用編 3) hatena_b

だいぶ間があいてしまいました (^^;) が、 VPN-Warp の応用例の第二回目を、お送りします。 前回は、「盗まれたノートPC を外部から操作する方法」という、 やや特殊な例だったので、 今回は、とてもオーソドックスに、 イントラの Windows マシンの「ファイル共有」を、 社外から利用できるようにする方法の紹介です。

その前に... そもそも Windows のファイル共有とは何なのか?を、 おさえておく必要があります。 といっても「Microsoft ネットワーク」は 仕様が完全に公開されているわけではありませんし、 過去のしがらみで無暗に複雑になってしまっているプロトコルなので、 深入りはしません (^^;)。 詳しく知りたい方は、

アンドキュメンテッドMicrosoftネットワーク
誰も知らなかった「ネットワークコンピュータ」の秘密
高橋基信 著, 翔泳社 (2002/06)

などを参照してください。

CIFS (Common Internet File System)

当初は TCP/IP とは似ても似つかない独自プロトコルとして始まった Microsoft ネットワークも、 TCP/IP がネットワークの事実上の標準になるに従って、 しだいに TCP/IP に適合するように変化してきました。 まず NetBIOS が TCP/IP の上で動くようになり (NetBIOS over TCP/IP, 略して NBT と呼ばれる)、 さらに TCP/IP に馴染まない点を整理して、 フツーの TCP/IP 上のプロトコルっぽくなったのが CIFS (Common Internet File System) です。

CIFS は NetBIOS名でコンピュータが指定できるなど、 TCP/IP の世界とは相容れない点がまだ残っているものの、 NetBIOS名を使わずに 「ホスト名」や「IP アドレス」でコンピュータを 指定することもできるので、だいぶ使いやすくなりました。 「ネットワーク コンピュータ」でコンピュータ名が表示されない (ブラウズ リストに含まれていない) コンピュータでも、 「\\192.168.1.1」などと指定してアクセスすることができるように なったわけです。

NetBIOS名の名前解決 (つまり、コンピュータ名からマシンを特定する方法ですね) には UDP/TCP 137番および UDP/TCP 138番が使われますが、 これを省略して、ファイル共有サーバの TCP 139番ポートへアクセスするだけでも、 ファイル共有を行なうことができます。 この TCP 139番ポートへのアクセスは、 SMB (Server Message Block) セッションと呼ばれます。

VPN-Warp 入門編 (3)」で説明したのと全く同様の方法で、 ローカルホストの 139番ポートを、 リモートホストの 139番ポートへ転送するようにしておけば、 ローカルホストの 139番ポートへ接続するだけで、 リモートホストへ SMB セッションを確立することができて、 ファイル共有が可能になる、というわけです。

ローカルホスト         リレー           リモートホスト
    stone ─────→ サーバ ←──── relayagent─→ ネットワーク アダプタ
   139番ポート …………………………………………………→ 139番ポート

転送先の「ネットワーク アダプタ」は、 ファイル共有サービスを行なっている IP アドレスを指定します。 後述するように 139番ポートのサービスは、 アダプタごとに有効/無効を指定できるので、 有効になっているアダプタを指定する必要があります。

Direct Hosting of SMB (Server Message Block)

Windows 2000 以降だと、 NetBIOS 名の解決を行なわない 「Direct Hosting of SMB」 というプロトコルも使えます。 TCP/IP で名前解決 (つまり、ホスト名から IPアドレスを求める方法) を行ない、 ファイル共有サーバの TCP 445番ポートへ接続して 即 SMB セッションを確立します。

「Microsoft ネットワーク」が理解しにくいプロトコルであった一因は NetBIOS と SMB が一体化していたことにあったわけで、 NetBIOS を必要としない SMB の登場は、 SMB が何であったかを明確化する意味も持っていたように思います。

話が脱線しますが、ふつう何かの複雑なシステムを作るときは、 単純なものから始めて、それらを一般化して標準技術として確立した上で、 それらを組合わせて複雑なシステムを構築していくものだと思いますし、 インターネットはそのようにして発展してきました。 「Microsoft ネットワーク」は逆の方向に発展 (つまり退化? ;) したのでしょうか? このような最初に唐突に複雑なものが登場する傾向は、 Windows に限らず他のプロプライエタリなソフトウェアに共通してみられる 傾向のようにも思われます。

「NetBIOS over TCP/IP を無効にする」設定

Windows XP 等で、 「ネットワーク接続」の各アダプタのプロパティの中の、 「インターネット プロトコル (TCP/IP)」のプロパティにて、 「詳細設定」を選択すると、 WINS タブの中に、 この「NetBIOS over TCP/IP を無効にする」という設定があります。

この設定 (以下、「NBT を無効にする」と略記) はどういう意味でしょうか? 実は、 「このアダプタにおいて『NetBIOS 付 SMB』サービスを行なわない」 という意味です。 「NetBIOS over TCP/IP」という表現で「SMBサービス」を指すのは 分かりにくいと思うのですが、それはサテオキ この設定を行なうと、 「NetBIOS 付 SMB」すなわち 137, 138番ポートと TCP 139番ポートを 使用しなくなります (つまり listen しなくなる)。

VPN-Warp で 139番ポートを転送するには、 139番ポートを空けておかねばなりませんから、 いずれかのアダプタでこの「NBTを無効にする」設定を行なう必要があります。 ファイル共有サービスを外部へ提供しない PC (ノートPC などでは安全のためにも共有サービスは提供すべきではないでしょう) ならば、 どのアダプタの NBTを無効にしても問題なさそうに見えますが、 「メイン」のアダプタ (正確に言えばデフォルトルートになっているアダプタ) の NBT を無効にすると、 SMB サービスへアクセスするクライアント機能まで無効にされてしまうので 注意が必要です。

「Microsoft ネットワーク」が分かりにくい理由の一つに、 「クライアント」と「サーバ」の機能がきちんと区別されていない、 という点もあるのではないかと思います。 「NBTを無効にする」という表現では、 SMB サービスを利用するクライアント機能を無効にするのか、 SMB サービスを提供するサーバ機能を無効にするのか判然としませんよね? 実際には「クライアント機能」も「サーバ機能」も 同時に無効にされてしまうので、 確かに表現としては間違いではないのですが...

クライアント機能まで無効にされては、 なんのために VPN-Warp で 139番をポートフォワードするのか分からなくなるので、 NBT を無効にする専用のアダプタを (メインのアダプタとは別に) 追加するのがよいでしょう。

まず 「コントロールパネル」から「ハードウェアの追加」を選び、 「新しいハードウェア デバイスの追加」をクリックして、 「一覧から選択したハードウェアをインストール」を選びます。

そして「ネットワーク アダプタ」の中から、 「Microsoft Loopback Adapter」を追加インストールします。 インストールした Loopback Adapter の「TCP/IP 詳細設定」を開くと、 「IP アドレスを自動的に取得する」がデフォルトになっていますが、 ループバックに DHCP サーバを走らせても仕方がないので、 「次の IP アドレスを使う」を選択して、 適当な IP アドレス、例えば「192.168.168.1」を設定します。 そしてもちろん、 WINS タブの中の「NetBIOS over TCP/IP を無効にする」を設定します。

「NetBios over Tcpip」ドライバを使わない設定

前述したように「NetBIOS 付 SMB」はアダプタごとに 無効にすることができるのですが、 「Direct Hosting of SMB」すなわち「NetBIOS 無し SMB」は 全てのアダプタをまとめて無効にすることしかできません。 しかも Microsoft 流 (?) に、 クライアント機能とサーバ機能の区別がついてませんから、 サーバ機能だけ無効にするということができないようです。

「コンピュータの管理」の「デバイス マネージャ」で、 「プラグ アンド プレイではないドライバ」 (「表示」メニューにて「非表示のデバイスの表示」を選択すると表示されます) の中から「NetBios over Tcpip」を選んで 「このデバイスを使わない(無効)」設定にすれば、 「NetBIOS 無し SMB」を無効にできますが、 これを設定してしまうと SMB に関する全ての機能が利用できなくなってしまうので 現実的ではありません。

繰り返しになりますが (くどい? ^^;)、 「NetBIOS 無し SMB」を有効/無効するための設定が、 「NetBios over Tcpip」ドライバを使う/使わない、という名称なのは、 なんとかならないのでしょうかねぇ? なんだかわざと分かりにくくしようとしているんじゃないかと 勘繰りたくなります。

したがって、 Windows PC の 445番ポートを転送させることは現実的ではありません。 私は Windows なノート PC 上で coLinux を走らせているので、 この Linux 上の 445番ポートを VPN-Warp でポートフォワードしたりしていますが、 まあそこまでやらなくても、139番をポートフォワードするほうがよいでしょうね。

VPN-Warp の設定

長々と Microsoft ネットワークについて説明してしまいましたが、 要約すれば Windows PC の Loopback Adapter の 139番ポートを VPN-Warp を使ってファイル共有サーバの 139番ポートへ転送すればよい、 ということになります。

そして (いままでの説明が長かったこととは裏腹に ;-)、 VPN-Warp 自体の設定はとても簡単です。 まずファイル共有サーバ側で走らせる relayagent の設定は次の通りです:

-c "C:/Program Files/KLab Security/VPNワープ relayエージェント/user.pem"
-k "C:/Program Files/KLab Security/VPNワープ relayエージェント/user.pem"
-n
relay.klab.org:443 192.168.1.129:139

フォワード先が 192.168.1.129 (この IP アドレスは私の PC の場合の例です) の 139番ポートになっている他は、 前回の「盗まれたノートPC を外部から操作する方法」と同様ですね。 「192.168.1.129」は、 「NetBIOS 付 SMB」サービスを行なっているアダプタの IP アドレスで 読み替えてください。 一般的には「ローカル エリア接続」などの名称になっているアダプタでしょう。

次に、ローカルホスト側、 つまりファイル共有サーバを利用するクライアント側 (ノートPC など) は、 stone を以下の設定で動かすだけです:

-q cert=user.pem
-q key=user.pem
relay.klab.org:443/ssl,http 192.168.168.1:139 "GET / HTTP/1.1"

これも、前回と異なるのは転送元の指定である「192.168.168.1:139」の 部分だけですね。 Loopback Adapter の IP アドレス (この例では 192.168.168.1) と、 139番ポートを指定します。

Filed under: システム構築・運用 — hiroaki_sengoku @ 06:49
2006年7月10日

一つのIPアドレスで djbdns (tinydns, dnscache) を走らせる (3) dnscache で別ポートを使う

前回は、tinydns を IP アドレス指定せずに起動したいケースについて述べた。 前々回で述べたように、 djbdns はネームサーバ tinydns と、 キャッシュサーバ dnscache が完全に分離した独立のプログラムになっていることが 大きな特徴であるが、 tinydns を IP アドレス指定せずに起動しようとすると、 同じポート番号を使う dnscache を起動することができなくなってしまう。

そもそも論で言えば、 ネームサーバとキャッシュサーバは全く異なるサービスを行なうサーバなのだから、 同じポート番号を使うこと自体が間違っているのである。 もしキャッシュサーバが 53番以外のポートを使うのであれば、 tinydns も dnscache も IP アドレスを指定せずに同じマシンで起動できるし、 これ以上シンプルな解決策はないであろう。

ならば dnscache を 53番とは異なるポートで起動しよう。 ただし、dnscache は 53番ポートを bind(2) するように ハードコーディングされているので、 若干パッチをあてる必要がある。

--- dnscache.c.org        Mon Feb 12 06:11:45 2001
+++ dnscache.c        Sun Jul  9 06:43:23 2006
@@ -390,6 +390,7 @@
 {
   char *x;
   unsigned long cachesize;
+  unsigned long port;
 
   x = env_get("IP");
   if (!x)
@@ -397,16 +398,19 @@
   if (!ip4_scan(x,myipincoming))
     strerr_die3x(111,FATAL,"unable to parse IP address ",x);
 
+  x = env_get("PORT");
+  if (x) scan_ulong(x,&port); else port = 53;
+
   udp53 = socket_udp();
   if (udp53 == -1)
     strerr_die2sys(111,FATAL,"unable to create UDP socket: ");
-  if (socket_bind4_reuse(udp53,myipincoming,53) == -1)
+  if (socket_bind4_reuse(udp53,myipincoming,port) == -1)
     strerr_die2sys(111,FATAL,"unable to bind UDP socket: ");
 
   tcp53 = socket_tcp();
   if (tcp53 == -1)
     strerr_die2sys(111,FATAL,"unable to create TCP socket: ");
-  if (socket_bind4_reuse(tcp53,myipincoming,53) == -1)
+  if (socket_bind4_reuse(tcp53,myipincoming,port) == -1)
     strerr_die2sys(111,FATAL,"unable to bind TCP socket: ");
 
   droproot(FATAL);

すなわち、環境変数「PORT」にポート番号を設定した場合は、 53番ポート番号の代わりに設定されたポート番号を使えるようにする。 例えば 2053番ポートで dnscache を起動する。 もちろんリゾルバは、こんな事情はお構い無しに 53番ポートへ問合わせるので、 それを 2053番ポートへ振り向ける (リダイレクトさせる) 必要がある。

Linux には、 パケット フィルタリング フレームワーク があって、 ネットワーク アドレス変換を自在に行なうことができる。 だから、53番ポートへのアクセスを 2053番ポートへリダイレクトする、 などということは iptables コマンドを実行するだけで手軽に実現できる。

例えば、dnscache と同じマシン上のリゾルバから 53番ポートへの接続を、 2053番ポートへリダイレクトするなら、

iptables -t nat -A OUTPUT -j REDIRECT -p udp --dport 53 --to-port 2053 \
        -s 127.0.0.1 -d 127.0.0.1

などと iptables を実行するだけである。 「-p udp --dport 53」の部分で、 UDP 53番ポートへのアクセスが対象であることを指定し、 「--to-port 2053」の部分で、 リダイレクト先が 2053番ポートであることを指定している。

また、「-s 127.0.0.1 -d 127.0.0.1」の部分が、 接続元 (つまりリゾルバ) と接続先 (つまり dnscache) の IP アドレスの指定である。 接続元が LAN 内の他のマシンの場合も許可するなら、 この部分を例えば「-s 192.168.1.0/24 -d 192.168.1.1」に変更し、 「OUTPUT」の代わりに「PREROUTING」チェインを指定して iptables を実行すればよい (後述)。

さて、これだけだと実は問題がある。 dnscache は当然のことながら自ドメインのホスト名を解決するには 同じマシン上の tinydns へアクセスする必要があるのだが、 上記のように iptables を実行すると、 この dnscache から tinydns へのアクセスまでリダイレクトしてしまう。 すなわち dnscache が localhost の 53番ポートへ、 自ドメインに関する問合わせを行なうと、 それが 2053番ポートへリダイレクトされ、 結果 dnscache (つまり自分自身) に届いてしまう。 これでは自ドメインのホスト名の解決ができない。

したがって、dnscache からのアクセスの場合だけは、 リダイレクトが行なわれないようにしなければならない。 これを実現するには、 iptables のパラメータに「-m owner ! --uid-owner Gdnscache」 を追加すればよい。 これは、アクセス元のユーザが「Gdnscache」ならばリダイレクトを行なわない、 という指定であり、 Gdnscache は dnscache を実行しているユーザID である。

以上をまとめると、 次のような sh スクリプトになる。 これをマシンのブート時に実行すればよい。

#!/bin/sh
PATH=/sbin:/usr/sbin:/bin:/usr/bin
nsredirect="-t nat -j REDIRECT --dport 53 --to-port 2053"
iptables -p udp $nsredirect -A OUTPUT -s 127.0.0.1 -d 127.0.0.1 \
        -m owner ! --uid-owner Gdnscache
iptables -p tcp $nsredirect -A OUTPUT -s 127.0.0.1 -d 127.0.0.1
if [ -n "$INNER_NETWORK" -a -n "$INNER_DNSCACHE" ]; then
        nsredirect="$nsredirect -A PREROUTING \
                -s $INNER_NETWORK/$INNER_NETMASK -d $INNER_DNSCACHE"
        iptables -p udp $nsredirect
        iptables -p tcp $nsredirect
fi

$INNER_NETWORK」と「$INNER_NETMASK」に、 LAN のネットワークアドレス (例えば 192.168.1.0) とサブネットマスクを それぞれ指定する。 また、「$INNER_DNSCACHE」は キャッシュサーバ (つまりこのマシン) の IPアドレスである。

なお、Linux のパケット フィルタリングでは、
接続元が同一ホストの場合は OUTPUT チェインが使われるので、
-s 127.0.0.1」を指定するときは「-A OUTPUT」を指定して OUTPUT チェインへ追加し、
接続元が LAN 内の他のマシンの場合は PREROUTING チェインが使われるので、
-s $INNER_NETWORK/$INNER_NETMASK」を指定するときは 「-A PREROUTING」を指定して PREROUTING チェインへ追加している。

Filed under: システム構築・運用 — hiroaki_sengoku @ 06:43
« Newer PostsOlder Posts »